LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

イチオシ!新コース誕生
藤村女子高等学校

総合コース

『総合コース』の募集を開始
多彩な6コースが生徒の夢をかなえる
心、教育(キャリア)、国際教育、教科教育、安心・安全な教育を教育方針として発信力を育みます。(授業風景)

心、教育(キャリア)、国際教育、教科教育、安心・安全な教育を教育方針として発信力を育みます。(授業風景)

 吉祥寺駅から徒歩約5分の距離にある藤村女子高等学校。部活動が盛んで、多くの部が関東大会や全国大会に出場し、優秀な成績を収めています。

 また、近年は文武両道を教育目標とし、進学面にも力を入れており、2018年までの目標として国公立大学10名・早慶上智・GMARCH40名の合格を掲げています。

 今春、早くもその成果が出て、東京学芸大学2名、帯広畜産大学1名、横浜市立大学1名の合格者を出しました。

 同校は生徒一人ひとりのニーズや個性に合わせ、幅広いコースを設定しています。2016年度から、『S特コース』『特進コース』『進学コース』『スポーツ科学特進コース』『スポーツ科学コース』に加え、『総合コース』の募集を開始します。

「『S特』と『スポーツ科学特進』は、2015年度より募集を開始しました。多彩な夢や目標に応えるため、さらに『総合コース』の募集を開始します。『総合コース』は基礎の習得をめざしながら、幅広い教養や感性を身につけることを重視したカリキュラムを準備しています。一人ひとりの適性に合った進路を促しながら、文系を中心として私立大学や短期大学、専門学校など多様な進路希望が実現できるように、きめ細かくサポートしていきます」(入試委員長・廣瀬真奈美先生)

夜8時30分まで利用可能な「学習センター」

『S特コース』は、国公立大学対応型カリキュラムとハイレベルな授業で、難関国公立大学や難関私立大学合格をめざします。2年次から文系か理系を選択し、より効果的な学習指導を行うのはもちろん、講座や勉強合宿などに全力で挑戦できるようにサポートします。

『特進コース』は、国公立大学や難関私立大学合格を目標に、大学入試に必要な力を基礎から応用へと段階的に身につけていきます。2年次から文系か理系を選択し、進路希望に応じて必要な科目を選択できるほか、講座や勉強合宿での演習を通して実戦力を養います。

『進学コース』『総合コース』は、全教科で基礎の習得を重視し、その基礎の上に学習を進めていきます。幅広い見地を養うことを大切にしながら、文系を中心とした私立大学や短期大学への進路をサポートします。

『スポーツ科学特進コース』は、大学進学のための学習と部活動の両方を頑張りたいという生徒をサポートするハイレベルな授業、人文科学系、社会科学系、看護系の国公立大学や難関私立大学合格をめざすカリキュラムを用意しています。

『スポーツ科学コース』は、専門性の高い体育実技で技術を磨くとともに、授業を通して運動に関する知識、競技の特性に応じたトレーニング方法などについて理解を総合的に深めていきます。

「スポーツ系のコースだけでなく、『S特コース』や『特進コース』にも、部活動に参加している生徒がたくさんいます。部活動でしか学べない先輩・後輩とのつながり、精神的な強さやたくましさなどを身につけるために、全コースの生徒が積極的に部活動に参加してほしいと思っています。
 部活動の後に勉強できるように、東大3名、一ツ橋大1名、学習院大と日本女子大に通学するOGのチューター、教員が常勤している学習センターを午後8時30分まで開放するなど、生徒の夢をかなえるためのきめ細かなサポートを行っています」

グローバルな社会で必要とされる人間を育てる

将来、どんな人生を送りたいのかを考えることから、進路選択が始まります。(先輩の体験談)

将来、どんな人生を送りたいのかを考えることから、進路選択が始まります。(先輩の体験談)

 グローバル化が進むなか、同校ではグローバルな視点を持ち、多様な分野で活躍できる女性の育成をめざしたキャリア教育も多数用意しています。

 1年次の早い時期から進路を意識できるように大学キャンパスツアーを実施し、学校の雰囲気を肌で感じ、進学へのモチベーションを高めていきます。また、生徒にとって身近な存在である卒業生を招き、勉強の仕方、進学への心構え、大学や学部を選択する際のポイントなどの受験体験を話してもらいます。先輩の合格体験は、受験を控えている生徒たちにとって参考になる生きた受験情報です。

 さらに、オーストラリアへの修学旅行、カナダからの留学生の受け入れ、カンボジアへの井戸(5基)の寄贈など、グローバルな視点を身につけるための多彩なプログラムも実施し、生徒たちの人間的成長をサポートしています。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ