LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

卒業生メッセージ
武蔵野大学附属千代田高等学院

興味・関心を広げてくれる、アットホームな雰囲気、
面倒見のいい先生方、そして礼儀に厳しいのが魅力

在学中、とくにお世話になった向笠敦子先生と久々の3ショット!

在学中、とくにお世話になった向笠敦子先生と久々の3ショット!

畑井田 瑞妃さん

成蹊大学・文学部・国際文化学科1年
国際交流サークル、フラッシュモ部に所属

在学中は進学コース・国際専攻、バトン部に所属

飯泉 朋子さん

日本女子大学・人間社会学部・文化学科1年
競技ダンス部に所属

在学中は進学コース・国際専攻、バトン部に所属

 国際理解教育に力を入れる同校が今年度発進させた『グローバルリーダーコース』。従来の『進学コース・国際専攻』の教育内容をさらに強化して創設した新コースです。

 今回は、『進学コース・国際専攻』出身の日本女子大学1年の飯泉朋子さんと、成蹊大学1年の畑井田瑞妃さんに登場いただき、高校時代の3年間について語ってもらいました。

バトン部では“ケンカ仲間”
でも今は親友同士

――現在、どんな大学生活を送っていますか?

飯泉
 まだ基礎段階ですが、授業では英語とフランス語を中心に学んでいます。英語はもちろん大丈夫で、フランス語も今のところOKです(笑)。プレゼンテーションの課題も頑張っています。部活動は競技ダンス部に所属していて、筋トレなど、練習はとてもハードです。

畑井田
 今は国際関係論と社会人類学を学んでいます。国際関係論はとても難しくて、社会人類学も現時点では「何のこと?」という感じです(笑)。また「国際交流サークル」と「フラッシュモ部」をかけもちして活動しています。

飯泉
 「フラッシュモブ」って、ネットで呼びかけて、どこかに集まって集団でパフォーマンスをする、というものでしょう? 騒ぎになって危険じゃない?

畑井田
 サークルのメンバーは、みんな穏健なので大丈夫!

――高校時代は同じコース、部活動もダンス部で一緒に活動していたそうですね。

飯泉
 はい。卒業後も連絡を取って会いますし、コーチとして母校の後輩たちを教えに行くときも顔を合わせています。

畑井田
 ただ、部活をやっていた当時はよくケンカをしましたね(笑)。でも衝突したあとはすぐに謝り合って、今では親友同士です。

飯泉
 一生付き合っていきたい友人です。

興味深く、楽しかったグローバル・イングリッシュの授業

――高校での学習生活は、いかがでしたか?

畑井田
 英語は、日本人の先生、ネイティブの先生の2つの授業があって、どちらも少人数制でした。だからアットホームな雰囲気で、遠慮なく何でも質問していました。

飯泉
 ネイティブの先生が担当する研究発表系の「グローバル・イングリッシュ」は、とくに興味深かったです。授業で日本語は使わなかったけれど、わかりやすいように易しい英語を選んで解説してくれました。でも、「地球市民講座」は厳しかったですね。

畑井田
 そうです。家できちんと準備して臨まないと課題がこなせませんでした。ニュージーランドへ行く前には、現地での発表の準備とかもあって……。

飯泉
 帰国後、全生徒の前でやった留学報告会も、内容をまとめるのが大変でした。

高2で行ったニュージーランドの思い出

――短期留学先のニュージーランドはどうでしたか?

飯泉
 「国際専攻」のカリキュラムで、高2のときに全員が約1カ月間、現地の家庭にホームステイしながら、姉妹校のニュー・プリマス女子校で学ぶことになっています。

畑井田
 現地では演劇やダンスなどユニークな授業が経験できて、とても楽しかったです。バディ(アシスト役の現地校生徒)も親切で、快適な学校生活でした。

飯泉
 授業や学校生活のことをいろいろ教えてくれて、本当に助かりました。でも、バディが日本にもある授業しか取っていなかったので、畑井田さんのような授業は受けられなかったです。

畑井田
 数学は、とても簡単だった気がします。「中2レベル」くらいだと感じました。

飯泉
 数学が苦手な私でも「これ、すでに習った」という感じで、問題がスルスル解けました(笑)。

畑井田
 ホームステイ先は、2人とも南アフリカから移住した人の家庭でした。アフリカ語やアフリカの現状も少し学べました。

飯泉
 私はステイ先の女の子とボウリングやショッピングができて、とても楽しめました。

――最後に、後輩になるかもしれない受験生にメッセージを。

飯泉
 千代田女学園では、先生方が授業を通して、一人ひとりの興味・関心を広げてくれます。ですから、積極的に学園生活を楽しんだらいいと思います。また、一般教養やプレゼンテーション能力を高める授業もたくさんあるので、将来的なメリットも大です。

畑井田
 「アットホームで先生方の面倒見が良い」のが千代田女学園の最大の魅力。ただ、礼儀については厳しく指導されました。先生方は生徒一人ひとりをよく知っているので、悪いことはできません。今振り返ると、実はそれが良かったのだと感じています。

飯泉
 同感です。母校には本当に感謝しています。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

武蔵野大学附属千代田高等学院  

〒102-0081 東京都千代田区四番町11
TEL:03-3263-6551

進学なび掲載情報

進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ