Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

世界を意識する生徒を育てる
富士見丘高等学校

将来のグローバルリーダーに不可欠な
「英語力」と「発表・表現力」を培う

2015年度よりスーパーグローバルハイスクールに指定

 2015年度、文部科学省が推奨するスーパーグローバルハイスクール(SGH)に選ばれました。SGH指定の条件に、「将来、リーダーとして国際的に活躍できる人材育成を行っている高校」が挙げられており、同年度は全国で56校が指定を受け、同校は都内の私立女子高校で唯一のSGH指定校となりました。

 同校では、教育目標の「国際性豊かな若き淑女の育成」の実現に向け、独自の国際理解教育を実施。40年以上前から海外留学制度を整えるなど、英語教育には定評のある学校です。そうしたことが評価されての選定です。

 また、昨年から取り組んでいる「大学の研究室との連携(注①)」も、SGH選定の評価対象となりました。その代表的な取り組みが、慶應義塾大学理工学部伊香賀研究室との共同研究です。女子高生のライフスタイルや、運動と学習効率の関係についてのデータと意見を提供し、それを基に伊香賀教授、院生、大学生と共同研究を行い、その成果を発表したのです。すでに定評のある英語力に加えて、「発表・表現」する力を身につけることで、将来のグローバルリーダーにふさわしい能力を、同校の生徒たちは伸ばしているのです。

注 ①:
2014年度、高大連携を行った大学・研究室
  • 慶應義塾大学理工学部・伊香賀研究室
  • 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科大川研究室
  • 慶應義塾大学総合政策学部井庭研究室
  • 上智大学文学部史学科北條研究室
  • 東京電機大学未来科学建築学科百田研究室

独自の英語教育で実力を伸ばし
生徒を世界へ送り出す

 富士見丘のグローバル・スタディ・プログラムの取り組みについて、教頭の重田稔明先生は話します。

「全生徒が参加する『Extensive Reading』は、辞書を使わずに英語の本を多読する授業です。わからない単語が出ても調べずに読み進むので、読むスピードや読解力が飛躍的に向上するほか、日本語を介さずに英語のままで理解する力が身につきます。長文が出題される大学入試の対策にもなるでしょう。『Academic English』はネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業で、IELTSやTOEFLのスコアアップを狙います。海外の大学をめざす生徒のための特別授業で、「最大15名×3クラスの選抜制」になります。
 留学は希望制の短期留学と選抜制の3カ月・6カ月留学の2つで、後者は年間約10名の生徒が海外の姉妹校へ旅立ちます(注②)。本校の留学制度は40年以上前から整えられてきた信頼ある制度です。英語力を高めるとともに異文化理解を深めてほしいと思います。
 本校は、ロンドン大学キングスカレッジ(※1)と、クイーンズランド大学(※2)から指定校推薦枠をいただいています。将来、海外の大学へ進みたいという生徒には、ぜひ利用してほしいと思います。
 一昨年は、この推薦枠を用いず、クイーンズ大学の入試試験を突破した生徒がいました。彼女は本校のグローバル・スタディ・プログラムを活用して世界へ飛び出していったのです。これからも彼女のような『英語力』と『発表力・表現力』のある生徒を、一人でも多く国際社会に送り出すことが本校の務めだと思います」

(※1):2014年世界大学ランキング43位 (※2):2014年世界大学ランキング16位

注 ②:
3カ月留学先
  • オーストラリア(シドニー)Santa Sabina College
  • イギリス(テッドベリー)Westonbirt School
  • イギリス(チェルトナム)St.Edward’s School
  • アメリカ(ローリングヒルズ)Rolling Hills Preparatory School
6カ月留学先
  • アメリカ(パサディナ)Alverno High School
海外大学推薦制度

ロンドン大学キングスカレッジ(イギリス)とクイーンズランド大学(オーストラリア)が、同校を指定校推薦制度の対象校として認定しています。IELTS(英語力判断テスト)で一定のスコアを超え、学業成績が優秀な生徒は卒業と同時に2大学のファウンデーションコースへの入学が保証されています。

富士見丘の国際理解教育

〈校内英語学習〉

◇e-learning
 インターネットを使用した独自の学習プログラム。英単語、リスニング、TOEIC対策など、学校でも自宅でも学べるシステム。

◇TOEFL Junior
 高1のe-learningで使用し、英語4技能(読む・聞く・書く・話す)の習得に力を入れています。

◇Extensive Reading
 洋書の速読プログラム。辞書を使わずに前後の文脈から読み進めるトレーニング。英語の読解力と速読力が身につきます。

◇Academic English(選抜制)
主に海外大学進学を視野に入れた1ランク上の英語授業。TOEFLやIELTS対策を英語で行います。

〈海外留学や交流など〉

◇アメリカ修学旅行(高2)
 5泊7日の予定。ロサンゼルスの姉妹校訪問が中心です。

◇短期留学(希望制)
 長期休暇中の約20日間ホームステイをしながら現地校に通学。〈春期〉イギリス〜UAE、〈夏期〉カナダ〜アメリカ

◇3カ月/6カ月留学(選抜制)
 姉妹校でホームステイ。または寮生活をしながら現地生徒と一緒に通学します(豪、英、米)。

留学はどうでした? 何を得ましたか?

1年次に選抜され留学を体験した二人に当時の様子を聞いてみました。
M.Kさん 2年生(上部写真左)
イギリス テッドベリー
Westonbirt Schoolに3カ月留学

ただ夢を語るのではなくそのために今何をすべきか

 3カ月間、寮で暮らしました。朝から晩まで友達と一緒です。ずっと英語で会話をしていたので、英語力はアップしたと実感しています。

 将来についても話しました。イギリスの生徒は、将来何になりたいのかを堂々と話します。ただ夢を語るのではなく、そのために今、何をすべきかを考えて実行しているんですね。自分もそうありたいと思いました。私は今、アメリカの大学に留学して文化人類学を学びたいと思っています。明確な意志を持って行くと、得るものが大きいと知っているからです。

M.Tさん 2年生(上部写真右)
アメリカ パサディナ
Alverno High Schoolに6カ月留学

最初はイエス、ノーだけの会話を長く続けることで英語力がアップ

 アメリカの学校では、アクティビティの時間がとても多く設けられています。いろいろな生徒と交流するためです。私は最初、イエス、ノーで終わらせてしまったのですが、それでは会話が始まらない、英語の勉強にならないと気づき、とにかく会話を続けるように努力しました。違う国、違う人種の人たちとの交流は自分から積極的にしないと乗り越えられないですね。反対に、それができたときの喜びと達成感は、自信になりました。6カ月留学をして、本当に良かったです。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

富士見丘高等学校  

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3-19-9
TEL:03-3376-1481

進学なび掲載情報

【行事】私たちが学んでいることをより多くの人に発信したい!
【インタビュー&メッセージ】卒業生が語る女子校だから良かったこと富士見丘だからこそできたこと
【大学合格躍進校レポート】2018年春は卒業生8名が海外大学へ進学 SGHとしての誇りと学びを強みに 富士見丘からグローバルな未来へ、GO!
【ワールドワイドに活躍する生徒を育てる】さまざまなテーマ・課題にアプローチし 将来の学びを考える
【ワールドワイドに活躍する生徒を育てる】研究成果を英語で発信 海外の同世代と議論するフィールドワーク
【School Uniform 私学の制服紹介】新制服のコンセプトはブリティッシュ・トラッドを身につける!
【世界を意識する生徒を育てる】スーパーグローバルハイスクールとして“国際性豊かな若き淑女の育成”に磨きをかける
【人気クラブ集合!】海外での活躍も見据えながら英語で世界を議論する「模擬国連部」
【世界を意識する生徒を育てる】将来のグローバルリーダーに不可欠な「英語力」と「発表・表現力」を培う
【高大連携教育への取り組み】サスティナビリティをテーマに大学と連携
【世界を意識する生徒を育てる】将来のグローバルリーダーに不可欠な『英語力』と『発信力』を育成する
【高大連携教育への取り組み】SGHアソシエイト
進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ