Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

目的・意欲に応える進学・受験サポート
保善高等学校

学習とクラブ活動の文武両道を実践し
現役で志望大学合格を実現!

大学見学会の際、大学の先生方から寄せ書きを贈られました。進路指導室の正面の壁に掲げられています。

大学見学会の際、大学の先生方から寄せ書きを贈られました。進路指導室の正面の壁に掲げられています。

進路目標に合わせて3つのコースを用意

 クラブや委員会活動などに打ち込みながら、進路志望を実現させている保善高等学校。2015年度のクラブ加入率は78%で、そのうち85%が4年制大学に現役進学を果たしています。

 同校の特徴の一つが、高校単独校であること。そのため、高1で皆が一緒のスタートラインに立つことに意味があると、入試広報部長の三本松修先生は話します。

「高校単独校の特徴は、大学の付属校ではないため、一つの大学に半数以上が進学することもありません。そこで生徒一人ひとりが大学名に捉れることなく、自分が希望する進路を見つめながら大学を選択しています」

 同校には、一人ひとりの進路目標に合わせて「特別進学」「大進選抜」「大学進学」の3つのコースを設置しています。

特別進学→ 国公立大学や難関私立大学をめざし、週4回、7時間授業を実施して、国公立大の5教科7科目受験や、医歯薬系の入試に対応する学力を養うコースです。
 授業内容が飛躍的にレベルアップする高1の授業は、講義内容をノートに取る技術を学ぶ「ノートテイキング」から始まり、その後、講義で出題される試験を受けながら、講義の内容が理解できているかを確認し、学習方法の基本を身につけます。

大進選抜クラス→ この春2回目の卒業生を送り出したこのクラスは、大学進学クラスと同じ授業カリキュラムながら、基礎から応用への展開を早くしています。

大学進学クラス→ 中堅以上の私立大学への進学をめざすクラスです。1年次に国・数・英の基礎学力を充実させ、放課後の講習や指名補習などで、多様な大学入試に対応します。
「文武両道で志望大学合格を実現させたい」という、同校の核となるクラスです。

 また、大進選抜クラス、大学進学クラスともに、「特進統一テスト」によって、特別進学クラスへ編入することも可能です。

大進選抜クラスは2期目の卒業生!
一般受験で合格をめざす

 2期目の卒業生を輩出した「大進選抜クラス」から、GMARCH以上の大学に、多くの生徒が現役合格を果たしています。近年では男子が少なかった福祉、看護系などの分野の選択も増えています。また、東京藝術大学など、芸術系の大学に進学する生徒もいます。

「本校の進路・進学指導の基本は、入学当初から指定校推薦ありきの進路指導ではなく、一般受験で志望大学合格をめざすことに主眼を置いています。生徒は自分の頭で考えて、自分の手で将来をつかみ取っているのではないでしょうか」

 多彩な進路をサポートするために、放課後や長期休暇中には、さまざまな補習、講習が実施されています。

多彩な補習・講習
さまざまな進路・進学サポート

進路指導室には、首都圏をはじめとする全国にあるパンフレットが自由に閲覧することができます。

進路指導室には、首都圏をはじめとする全国にあるパンフレットが自由に閲覧することができます。

 朝のホームルーム開始は8時20分。しかし、多くの生徒が8時には登校し、教室や自習室で勉強しています。定期的に行われる、授業中での小テスト、国語・数学・英語の月例テストで、その積み重ねが定期試験、さらには大学合格につながるという意識が、学校全体に浸透しています。

 習熟度別に行われる夏期講習は、前期で特別進学クラス26講座、大進選抜クラス28講座、大学進学クラス34講座、後期に特別進学クラス21講座、大進選抜クラス22講座、大学進学クラス40講座が開講されています。

 1、2年次の2学期末に実施される定期試験後には、特別授業を行い、学習の理解度や学力の定着度を分析し、この結果をもとに冬休み中の課題が設定されます。

 また、同校のホームページから、普段の授業ではなかなか触れることのできない内容の『Webチャレンジ講座』が開設されており、生徒たちは自分に必要な講座を受講して、Web上で解答、採点することができます。

 そのほかにも、各クラス、学年ごとに、卒業生や社会人による講演を実施しています。

 自習室の隣にある進路指導室には先生方が常駐し、夏休み中でも先生と話し込む生徒の姿がありました。

 同校の生徒たちは、一人ひとりが真剣に自分の将来を見つめています。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ