Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

目的・意欲に応える進学・受験サポート
共立女子第二高等学校

大学付属校としてのメリットを最大限に生かしながら
外部大学進学にも安心して取り組める環境を用意

整理整頓が行き届いた進路指導室。

整理整頓が行き届いた進路指導室。

安定した併設大学への進学とともに「外部大学」への進学者も増加

 ここ数年、併設の共立女子大学への進学者と、外部大学への進学者の比率がほぼ同じになっています。

 共立女子大学は、看護学部や児童学科など実学的な学部・学科が新設されたことや、「神田一ツ橋」に校舎・組織をまとめ、“ワンキャンパス”にしたことで再度、注目が集まるようになりました。

 一方、生徒の志望は年々多様化しており、共立女子大学にはない経済学・法学・薬学などの学部を求めて、多くの生徒が外部大学へと進学しています。


主な外部大学合格者実数(現役生のみ)
2013年 2014年 2015年
東京学芸大学 1
首都大学東京 1
横浜国立大学 1
早稲田大学 2 9
上智大学 1
東京理科大学 1
小計 3 3 10
明治大学 1 6
青山学院大学 4 8
立教大学 3 9
中央大学 6 9 18
法政大学 4 7 11
小計 11 23 52
2013年 2014年 2015年
学習院大学 3 4 9
成蹊大学 5 4 8
成城大学 3 3 8
明治学院大学 6 12 12
津田塾大学 3 1
東京女子大学 5 3 14
日本女子大学 8 7 9
小計 33 33 61

外部大学への進学者の多くが併設高校特別推薦制度を利用

 こうした理由から、同校の大学進学志望者の傾向は、次の3つに分けることができます。

  1. 共立女子大学・同短期大学に行きたい。
  2. 共立女子大学もいいが、できれば外部大学に行きたい。
  3. どうしても外部大学に行きたい。

 ②の「外部大学と共立女子大学を併願する」パターンで活用できる便利な制度が、「併設高校特別推薦制度」です。

「共立女子大学や同短期大学の推薦合格を得た後も、外部大学にチャレンジできる便利な制度です。外部大学に合格し、進路として選択した場合は、そちらの大学へ進むことができます。外部大学を第一希望とする生徒のリスクを避けるために設けられ、受験する大学についての制限は設けられていません。この春にそれぞれの大学へ進学した多くの生徒が、この併設高校特別推薦制度を利用しました」
(進路指導部主任・池田孝先生)


大学を知る
学問研究ガイダンス(高1・10月)
約30校の外部大学の先生、入試担当が来校。さまざまな学問・研究分野の紹介と取得できる資格、力を入れておきたい学習の話を聞く。
共立女子大学講演会(高2・6月)
共立女子大学から各学部の教授、入試事務室の職員が来校し、大学の概要、それぞれの学部で何を学べるのか、カリキュラムの説明、どんな資格が取得できるのかについて聞く。
共立女子大学・短期大学
学部・学科別個別相談会(高3・6月)
共立女子大学・短期大学の各学部・学科から教授が来校。興味のある学部・学科の教授と接し、授業内容などの具体的な話を聞く。
外部大学個別相談会(高3・7月)
外部大学の入試担当者が来校。個別に生徒の相談に応じる。MARCHクラスの大学をはじめ、多くの大学が参加。普段あまり接することのない他大学の様子について直接話が聞ける。

20年後、30年後を見据えた独自の「針路プログラム」

 同校では、3年間を通して行われる進路指導を「針路プログラム」と呼んでいます。大学進学だけで終わる指導ではなく、20年後、30年後もしっかり見据えています。

「『針路プログラム』は、自立した女性として社会貢献できる“しなやかで芯の強い女性”を育成することを目的としています。学年ごとの目標を『針路』とし、進路の決定から志望校の合格まで、プログラムを段階的に実践していきます。
 これらを通して自分を深く見つめ、自らの中に芽生える希望を育んでいけるよう、的確にサポートしていきます」

 それでは、「針路プログラム」を構成する個別メニューの一部を紹介しましょう。

スタディサポート

 学力到達度を測定する「学力リサーチ」と、学習習慣・意識・生活状況を調査する「学習状況リサーチ」で構成されています。生徒は自分に必要な学習事項と学習法がわかるので、自らアクションを起こすきっかけとなります。

進路適性検査

 将来の自分の姿をイメージし、進路について考えることができるように、自分のパーソナリティーを理解するための心理検査(職業レディネステスト)を用いています。高1の6月に実施し、高2からの文系・理系の選択に役立てています。文系・理系どちらの傾向が強いか、また、どのような学部・学科に向いているのかを客観的に把握することで、その後の志望進路選択や、学習への取り組み方を見直す契機としています。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

共立女子第二高等学校  

〒193-8666 東京都八王子市元八王子町1-710
TEL:042-661-9952

進学なび掲載情報

【授業・カリキュラム】学校生活のすべてがテーマになる「共立探究」
【施設・設備】生徒たちを見守り、健やかな学校生活を支えてくれる人々がいます!
【卒業生メッセージ】都心では味わえない自然に恵まれた環境で勉強に部活動に打ち込んだ高校生活
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】将来を見通すのが難しい時代でも柔軟に生きる女性となるための「針路」指導
【だから大好き 私学Life】「女性の社会的自立」をめざして130年前に設立「芯が強く、しなやかな心と発信力を持って社会に貢献できる女性」の育成
【It’s New ここが変わる】英語の実践の場としてオンライン英会話スタート
【私学トップインタビュー】自然豊かな環境で大地に根を張る人間を育てる
【伝統行事・名物行事ガイド】先輩と後輩の絆を深める体育大会
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】大学付属校としてのメリットを最大限に生かしながら外部大学進学にも安心して取り組める環境を用意
【独自の教育プログラム】体験授業『和躾(なごみ)の日』で“和の作法”を学ぶ
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】充実した『クラス・コース制』と『針路プログラム』で生徒個々の“将来の夢”を実現
【人気クラブ大集合!】ゴルフ部
進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ