Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

It's New ここが変わる!
湘南学院高等学校

今年度より『新たな3つの取り組み』を導入!
さらに強化された学習指導体制により“骨太の学力”を培う

日々の学習では4クラスそれぞれの学力レベルを考慮した、丁寧な学習指導が行われています。(教務部部長・鈴木昭和先生)

日々の学習では4クラスそれぞれの学力レベルを考慮した、丁寧な学習指導が行われています。(教務部部長・鈴木昭和先生)

新たに導入された「GMARCH講座」に期待

国公立アドバンスクラス

国公立大・難関私大をめざす

アドバンスクラス

難関私大進学を目標に実力を養成する

選抜スタンダードクラス

基礎学力を固め、大学進学をめざす

スタンダードクラス

選択科目群の学びを深める

 近年、学校全体の学力レベルが順調に伸びつつある湘南学院高等学校。その上昇気流にさらに拍車をかけるため、2015年度、学習指導に関する新たな取り組みを導入しました。

「本校が目指しているのは推薦入試やAO入試ではなく、一般受験で大学入試を突破できる『骨太の学力』を培うことです。確かな実力がないと大学進学後、また社会進出後もフルに自身を伸ばすことができません。今回スタートさせた取り組みを手始めに、今後も新たな試みを積極的に取り入れ、学習指導体制を強化させていきたいと考えています」
(教務部部長・鈴木昭和先生)

 そんな骨太の学力が身につけば、自ずと進学の夢も大きく広がっていくということで新設したのが『GMARCHレベル講座』です。同校が土曜日に開講する『土曜希望選択授業』の中に、この講座を盛り込みました。ちなみに土曜希望選択授業とは、1年生のアドバンスクラス・選抜スタンダードクラスを対象とした希望制の特別講座で、英語特講・数学特講・国語特講が用意されています。この3種それぞれに1クラスずつ『GMARCHレベル講座』を設置。受講を希望した生徒の中から学力上位生30数名を選抜し、一段ハイレベルな学習指導を展開しています。

「難関私大をはじめ、大学進学を目標とするこの2クラスの生徒数が、ここ数年で顕著に増加してきました。そのため同じクラスでも生徒間の学力格差が広がってきた感があります。学力上位・下位の双方をきめ細かくケアするのも、新講座開設の目的の一つです」

 もう一つの狙いは「進学意識の高揚」。難関私大グループを示す受験用語「GMARCH」を冠した講座名のもと、それらへの受験を意識した指導を展開することで、1年生より大学進学への意欲を高めていくというのが狙いです。

「今年は例年に比べ土曜希望選択授業全体の希望者が、かなり増加しています。『GMARCHレベル講座』の登場が刺激になったのかもしれません。今後もこの講座の受講者だけでなく、学校全体の進学意識を高める“カンフル剤”として機能してくれればと考えています」

すべての局面で「GTZにこだわる指導」を

 新たな取り組みの二つ目は「日常的に『GTZに強くこだわった』指導を展開する」というものです。GTZとは『学習到達ゾーン』の略で、大手教育産業が全国模試などで使用している用語です。

「これは生徒自身や教員陣が、生徒一人ひとりの学力レベルを本校内部の評定ではなく、『全国規模』で正確に把握するための方策です」

 同校の場合、内部では10段階評定(正式には5段階)をとっており、生徒それぞれの学力を、よりきめ細かくチェックしています。しかし、それは4種設置されているクラス(前出の2クラスのほか、学力最上位の「国公立アドバンス」と標準レベルの「スタンダード」)内部においてのこと。各クラスにはかなりの学力差があるので、評価が同じだとしても、レベルには大きな差が存在します。

「そのため“真の学力状況”を知る上で、全国模試などで出される相対的な数値、「GTZ」に着目しました。これなら、全国の同世代中で『自分の学力がどの位置にあるのか』が明確にわかります」

 大学進学に挑戦するにせよ、他の道を選ぶにせよ『自らの現状を正しい形でつかむ』ことは、大きな糧になるはずです。

学習習慣と自己管理能力を培うために「学習手帳」を導入!

今年度より全学年に導入された優れた機能を持つ「学習手帳」。学習状況の把握や、自己管理能力を培います。

 新しい取り組みの最後の一つは、「『学習手帳』の新規導入」です。

「これは手帳専門の大手企業が制作・販売している高校生の学習生活用の手帳です。試験的に昨年、3年生の一部に使用させてみたのですが、非常に強い手応えがあったので、2015年度より全学年・全生徒への導入に踏み切りました」

 導入の目的は、まずは教員側が生徒の学校内外での学習を含めた生活全般の状況を把握するためです。また、「生徒に学習習慣を定着させ、自己管理能力を培う」という大きな目的も含まれています。

「この新アイテムにより、より計画的な学習習慣が身につけば、本校の生徒たちの学力はさらにアップすることになるはずです。学習面において今年度より、“攻めの姿勢”に出た本校に、ぜひ注目してみてください」

今年度より全学年に導入された優れた機能を持つ「学習手帳」。学習状況の把握や、自己管理能力を培います。
今年度より全学年に導入された優れた機能を持つ「学習手帳」。学習状況の把握や、自己管理能力を培います。

今年度より全学年に導入された優れた機能を持つ「学習手帳」。
学習状況の把握や、自己管理能力を培います。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ