Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

独自の教育プログラム
横浜翠陵高等学校

国公立大、早慶上理、GMARCH、理系学部で高い実績
「特進・国際・文理」3コースの教育

生徒の“理系マインド”を高める「理系プロジェクト」。今年度より内容がさらに強化されました。

生徒の“理系マインド”を高める「理系プロジェクト」。今年度より内容がさらに強化されました。

共学2期生の大健闘で難関大の合格者が急増

 2014年度、大学合格実績が飛躍的に伸びました。国公立大の合格者は前年の2名→9名へ。難関私大の早慶上理は2名→13名、GMARCHは27名→63名と大幅に増加。さらに成蹊大学、成城大学、日東駒専など中堅クラスの大学の合格者数も大幅に増えました。

「5年前に共学化し、2013年度に共学化1期生を送り出しました。つまり、これは2期生たちの実績です。1期生たちを育てた経験で得た、受験に関する知識・ノウハウが功を奏し、今春の実績伸長に至ったのでしょう」

 今春の入試結果について話す入試広報部長の庄大介先生。とくに難関・上位レベルの合格者増の理由として、「共学化と同時に打ち立てた『Think & Challenge!』精神がようやく浸透し、生徒たちのチャレンジ志向が高まったため」と分析します。

「昨年、指定校・一般推薦やAO入試による進学者は全体の34%でしたが、今年はそれが25%にダウンしています。このことからも、学校全体で『確かな学力を培い、一般入試で上へと挑戦していく』という気運が高まっていることが明確に見て取れると思います」

設置の3コース
それぞれの教育内容は?

 同校の教育内容と進学指導体制をコース別に見ていきましょう。

特進コース

 進学目標は国公立大学や難関私立大学。1年次より5教科8科目に対応した国公立大受験用カリキュラムが展開され、2年次で文系・理系に分かれた後も主要5科目を必修で学んでいきます。カリキュラムは3年次前期で修了し、後期は入試問題演習を中心に実戦力を養成。ほかに次のような取り組みを実施しています。

豊富な「学ぶ時間」

 週6日制に加え、週2日7時間授業を設定。週36時間の学習時間を確保し、難関大入試に対応。

特別入試対策

 1・2年次に隔週で2時間、入試問題演習の時間を設定(早い段階から実戦力を養成するため)。

サマースタディーキャンプ

 1・2年次の夏季休暇中、軽井沢で2泊3日の勉強合宿を実施。これを機に学習姿勢、集中して学習する習慣・方法を身につけます。

国際コース

 伝統を有する同校の「国際理解教育」を象徴するコース。主な進学目標は、各大学の語学・国際関係学部です。英語の授業時間は週に10時間前後。語学は第2外国語(中国語かスペイン語)と合わせ、3年間で30単位を履修する体制がとられています。また、ネイティブ教員による毎朝の英語レッスン、英検・TOEIC対策のための特別講座なども実施。

国際理解のための授業

 在日外国人の方を招き、多様な国の歴史・文化についての講義を受けます。1年間に取り上げる国は英語圏のほかアジア、中南米など10数カ国。

海外教育研修と中期留学

 2年次の夏季休暇に、イギリスで2週間のグローバル研修を実施。また、約3カ月間のニュージーランド中期留学制度も用意されています。

文理コース

 多彩な分野の学習を通し、さまざまなフィールドで活躍できる力を養成するコース。主な進学目標はGMARCHなど上位の4年制大学です。

進路に対応した豊富な選択授業

 2年次で文系・理系に分かれ、3年次で生徒個々の進路に合わせた学習体制に。そのため3年次にはさまざまな進路希望に対応できるように、バラエティに富んだ選択授業が用意されています。

海外教育研修を用意

 2年次の夏季休暇中、希望選抜制でカナダでの英語研修プログラムを実施。

特別ゼミ

 教科の枠に捉われない多彩な特別講座。国語・社会・数学・理科・英語・美術・情報、さらには体育系まで、さまざまな講座がゼミ形式で展開されます。

海外体験の機会がたくさん用意されている「国際コース」。2016年度入試で人気が高まるコースになるかもしれません。

海外体験の機会がたくさん用意されている「国際コース」。2016年度入試で人気が高まるコースになるかもしれません。

今春、難関大学で高い合格実績をあげた「特進コース」。1年次より5教科8科目に対応したカリキュラムで学びます。

今春、難関大学で高い合格実績をあげた「特進コース」。1年次より5教科8科目に対応したカリキュラムで学びます。

存分に部活動に取り組み、進路希望を実現してくれる「文理コース」。教科の枠に捉われない幅広い学びも提供してくれます。

存分に部活動に取り組み、進路希望を実現してくれる「文理コース」。教科の枠に捉われない幅広い学びも提供してくれます。

理系への合格者が急増!
高まりゆく「理系志向」

「本校の場合、2016年度入試では、とくに『国際コース』が大人気になりそうです。グローバル教育に対する意識の高まりを表す傾向ですが、ほかにも理由があります。それは2015年度より、このコースに理系教科を選択できるシステムを導入したことです。近年は英語をきちんと学んだうえに『理系も』という生徒が増えてきているからです」

 今春の合格実績における、もう一つの特徴として挙げられるのが、「理系学部への合格実績伸長」です。合格者が昨年の48名→103名へと大幅に増えているのです。これには、昨年スタートさせた新企画「理系プロジェクト」が貢献したのかもしれません。これは理系ゼミ(講演)、大学研究室訪問、公的科学技術施設(企画)見学という3種の取り組みで構成される同プロジェクトで、内容は今年度さらに強化され、理系志向は今後も高まり続けていくことが予測されます。

「現高3の学力は、今春の卒業生より明らかに高く、来春は実績がさらに伸びると予測しています。たとえ本校が第1志望でなくても落胆せず、希望を持って入学してきてください。本校は必ず皆さんの学力を伸ばし、進学の夢を実現してあげられると思います」

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

横浜翠陵高等学校  

〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町1
TEL:045-921-0301

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】未知の自分と出会った北海道ファームステイ
【進路・進学】3コースそれぞれの特色ある取り組みにフォーカス!
【修学旅行・研修旅行アルバム】困難に真正面から向き合う挑戦 その経験がひと回り大きな自分へと成長させてくれる
【独自の教育プログラム】希望に応じた3つのコースで夢の実現をサポート
【独自の教育プログラム】共学化とともに導入した学習指導体制が効果を発揮 生徒の進学意欲が高まり、高い合格実績につながる
【伝統行事・名物行事ガイド】大きな壁にもめげずに果敢にチャレンジ 自分の可能性を拡げる伝統行事
【大学合格実績躍進校レポート】共学化とともに導入した学習・受験・進路指導が効果を発揮 生徒の「進学意欲」が高まり、高い合格実績をあげる
【独自の教育プログラム】生徒たちの多様な “進学の夢” をかなえる特選&国際&文理の『3コース制』
【独自の教育プログラム】国公立大、早慶上理、GMARCH、理系学部で高い実績 「特進・国際・文理」3コースの教育
【大学合格躍進校レポート】Think&Challenge! 共学化5年目を迎え、合格実績が大躍進!
【It's New ここが変わる!】“理系マインド”を強く刺激する!今年度発進した『理系プロジェクト』の内容は?
【大学合格実績躍進校レポート】難関大から中堅大&理系大 全レベルで実績が上昇!
進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ