Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 No.2

イチオシ!新コース誕生
文化学園大学杉並高等学校

ダブルディプロマコース

カナダと日本の高校卒業資格が得られる
ダブルディプロマコース誕生

日本のカリキュラムとカナダのカリキュラムを同時進行で学ぶ

 2015年4月、文化学園大学杉並高等学校に新たなコースが誕生しました。日本とカナダの高校卒業資格を取得できる『ダブルディプロマコース』です。このコースは、カナダのブリティッシュコロンビア州(BC)の教育省が認定した教員を同校に派遣する、いわゆる『カナダBC州の海外校』といった位置付けです。

 従来の1年間留学や交換留学のシステムと違い、カナダのBC州から経験豊富な教員たちが同校にやって来て、英語だけでなく数学や理科の授業も行います。カナダのカリキュラムの授業は全て英語で行われます。授業は日本のカリキュラムと同時進行で、カナダの教員による授業が行われます。

 1日の授業時間はゼロ時間から7時間までが設定され、土曜日は6時間授業です。当然ほかのコースより授業時間数は多く確保しています。

「数学や理科では、BC州の教員と日本人教員2名による授業を実施していますが、同じ説明を日本語と英語で聞くので、授業中に復習までできるという生徒がいます。また、英語で聞く数学はとても論理的なので、わかりやすく、数学が面白くなったと話す生徒もいます。
 このコースがスタートする前は、「毎日8時間授業を実施しても大丈夫だろうか」という心配もありましたが、時間の使い方は塾へ行くのと同じ感覚です。実際のところ、このコースには部活動で活躍する生徒もいます」(教頭・青井静男先生)

 現在、職員室にいるBC州の教員は2名。カナダの教科設定は文系と理系という分け方なので、理系担当の先生は『Mathematics(数学)』や『Science(科学)』を教え、文系担当の先生は『Language art(国語)』や『Planning(教育と進路、健康、財政などの分野)』といった授業を行っています。

 来年度以降、BC州の教員の数は6名、9名と増え、より学問的な内容の授業が実施される予定です。

海外の授業は100%アクティブラーニング

 高1の夏休みには、BC州の高校において、5週間の短期留学が実施されます。その内容は、社会科系の教科である『Social Studies』などを学び、4単位を修得することです。

「Social Studiesとは、理科と社会科、両方の分野が混在している教科。例えば、今年は海外に生息する生物について学んだり、土壌を改善する取り組みについて学んだりと、現地でしか勉強できない授業を、アクティビティを通して受講しています」

 ここから推測されるのは、日本の同校で実施されるBC州の教員による授業も、よりアクティブなものであるということです。

 例えば数学であれば、最初に説明を受けて、さあ問題を解いてみましょう、という段階になると、すぐにグループで問題を解き始めます。最後にはクラス全体で問題の解き方を照らし合わせて「ほかにもっといい解答はないだろうか」という議論が始まります。

 1時間の授業は座学ばかりではないので、生徒たちは「あっという間に時間が過ぎる」という感想を述べています。

 この影響は、従来の授業にも波及しており、国語科の古典を担当する教員も、何か質問を投げかけると一斉に手が挙がるようになったと話しています。

海外大学のみならず国内最難関大学も視野に

 ダブルディプロマコースの受験は、英検準2級程度の力があれば問題はありません。

 英語科以外の授業において、英語力の差が学習に影響をおよぼすことはないでしょうか。

「最初の英語力の設定はどのくらいにするべきかといった議論をBC州の先生方と慎重に行いました。しかし『重要なのは最初の英語力ではなく、やる気があれば伸びる』という結論に達しました。長さや容量といった、理数的な単位など、最初に覚えなければならない言葉はあっても、毎日使うので、生徒たちは慣れてすぐに使いこなしています。
 新学期がスタートして3カ月が経過した頃、3者面談をして驚いたのは、BC州の教員と保護者の間の通訳を、当たり前のように生徒が務めていたことでした。ミスはあるでしょうが、積極的に英語を使うことが大事です」

 同コースの生徒たちの進路は、海外大学はもちろんのこと、国内の難関大学への進学も視野に入れています。現高1の生徒たちが大学受験に挑むときは、国内の大学はもちろんのこと、海外大学を志望するのが当たり前になっているかもしれません。

(この記事は2015年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

文化学園大学杉並高等学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学なび掲載情報

進学なび2015年 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ