LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 ウェブ版

目的・意欲に応える 進学・受験サポート
京華高等学校

2015年春、3コース体制の第1期生の躍進

 2015年春、京都大学をはじめ国公立大学に26名の合格者を輩出した同校。早稲田、慶應、上智、理科大へは、前年の13名から24名という大きな飛躍でした。

 この卒業生たちは、同校の「S特進」「特進」「進学」の3つのコース制で学んだ第1期生です。

「国公立大学合格者は年々増加していましたが、前年度の合格者は15名ですから、コースごとの学びの成果と言えると思います」(入試広報部長・山田道行先生)

 2012年に新設された「S特進コース」は、難関国公立大学受験に挑戦するため、卒業まで5教科7科目、または8科目に対応するカリキュラムです。放課後には選択制の講座があり、高1の夏休みには5泊6日の「高尾進学教室」が実施され、英語、数学、国語の3教科を徹底的に学びます。高2生は10日間の校内講習、高3生は約20日間の校内講習を受講し、大学受験対策をすべて校内で完結できる体制を敷いています。

大学一般受験を通じてめざすのは
自己理解と人間的成長

 

「これからの時代は、大学に進学すればいいのではなく、大学でどんな学問を修めたのかが問われる時代です。受験を経験することで自己理解が深まり、人間的にも成長します。だからこそ、さまざまな機会を通じて、一般受験に挑戦することを薦め、そのためのサポートも手厚く行っています」(山田先生)

 さまざまな場面で自分の将来を考える機会のある3年間。全国の難関大学に進んだ先輩たちの経験も、後輩たちの大きな力となっています。

(この記事は2015年11月に掲載しました。)

進学なび2015年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ