Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 ウェブ版

大学合格実績躍進校レポート
獨協埼玉高等学校

金井茉美子先生と栗原優子先生

卒業生の9割が現役進学(男子79%・女子93%)!

 1年生の担任を務める2名の先生に、進路指導・受験指導について話をうかがいました。

金井茉美子先生(以下金井先生)
1年の1学期から受験科目について考えさせたり、夏休みにはオープンキャンパスに参加してもらたりするのが、本校の進路指導の特徴です。

栗原優子先生(以下栗原先生)
受験に対する心構えでは、早くから腹を決めた生徒は勉強だけではなく、部活動や学校行事にも集中して取り組む傾向があるので、精神的にも強いです。

金井先生
時間の使い方も大事です。放課後は自習室をはじめ、予備校のオンデマンド講座が受講できるサテネットなどを利用する生徒が多いです。

栗原先生
3年の1学期に10時間、2学期に12時間の勉強時間を設けるように指導しました。それも部活動の時間も含めてなので、取り組みやすかったと思います。

生徒たちの真剣な思いに先生方の熱意が応える

栗原先生
放課後は職員室の前で教科書を広げて待っている生徒もいますし、机とイスがあれば、すぐにゼミ形式の講習が始まるといった自然な流れができていたことも良かったです。

金井先生
受験に対する不安を取り除いてあげるという点では、面談も非常に重要なポイントです。最低5回は面談を行って、生徒と接してきました。

栗原先生
教員間で生徒の情報を細かくやり取りすることを、これまで以上に心がけたことも大きいです。生徒一人ひとりの真剣な思いに応える、教員間のチームワークです。

金井先生
部活動で一緒だった先輩の受験体験記も、良きお手本となっています。今後も卒業生に協力してもらって、後輩たちを力強く応援してもらいたいと思っています。

(この記事は2015年11月に掲載しました。)

獨協埼玉高等学校  

〒343-0037 埼玉県越谷市恩間新田寺前316
TEL:048-977-5441

進学なび掲載情報

進学なび2015年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ