LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2015 ウェブ版

私学トップインタビュー
中央大学附属高等学校

多彩で楽しいスクールライフ

~多彩で楽しいスクールライフ~私学トップインタビュー

校長 小杉 末吉こすぎ すえきち先生

小杉末吉 校長

1951年生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。同大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。早稲田大学大学院法学研究科民事法専攻博士課程中退。中央大学法学部助手、助教授を経て、現在は中央大学法学部教授と中央大学附属中学校・高等学校の校長を兼務。研究課題は「ロシア連邦制」「ロシア宗教法制」など。

自由な校風の中でのびのび過ごそう

本校の校風は一言で言えば『自由』です。生徒手帳にも校則は書かれていません。「真の自由は、自己を律することによって得られる……」と、学校生活の基本ルールが120文字で記されているだけです。
だから服装も自由です。自分の意思で服装を選ぶことができます。私服でもいいし、制服でもかまいません。
生徒はそうした自由を謳歌して、学校生活をのびのびと楽しみ、授業はもちろん学校行事や部活動に取り組んでいます。
附属高校のメリットを生かし、厳しい受験勉強をしなくても進学することが可能です。本校には95%の推薦枠があるので、きちんと学んでさえいれば中央大学へ進学できるのです。

本当のスタートを本校で始めよう

本校の校風は一言で言えば『自由』です。生徒手帳にも校則は書かれていません。「校風である自由は本校の伝統ですが、その基本には「自主・自治・自律」の精神があります。あくまでもその三原則に則った自由であることを忘れないでほしいと思います。
自由とは案外、イバラの道です。他者から指示されることなく、自己の責任において行動しなければなりません。そのためには、自分で考え行動する『地頭力(じあたまりょく)』を鍛える必要があります。難しい話になってしまいましたが(笑)、そのことに気づいてほしいための『自由』なのです。
しかし、皆さんの先輩が乗り越えられたように、私たち教員も手を差し伸べてサポートします。自由の本当の意味を知って、自律した社会人になってください。新しいスタート、本当のスタートが本校から始まります。

(この記事は2015年11月に掲載しました。)

進学なび2015年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ