Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

修学旅行・研修旅行アルバム
二松学舎大学附属高等学校

自ら考え行動する実践の場
『沖縄修学旅行』

自然の中で仲間と一緒にマリンスポーツに挑戦

自然の中で仲間と一緒にマリンスポーツに挑戦!!

映画などの事前学習を通してより深く沖縄を知る

 二松學舍大学附属高等学校は、今年で創立66年を迎えます。「二松學舍」の創設者・三島中洲先生による『東洋文化を日本人の基盤に据え、自ら考えて行動できる能力を鍛え、社会のために貢献する人物を養成する』という理念に基づいた教育が推進されています。

 同校では2年次の秋に3泊4日の沖縄修学旅行が実施されており、これも自ら考えて行動できる能力を鍛えるための実践の場となっています。

「沖縄の歴史や文化に興味を持ち、戦争や基地の問題を考えるきっかけになることを期待して当地での修学旅行を実施しています。ひめゆりの塔や平和祈念堂の歴史的な背景はあらかじめ予備知識として修得していますが、戦争を体験した方のお話をじかに聞き、実際に展示物を見ることで、より戦争の悲惨さを実感できるようです。また、事前学習の一環として、沖縄返還40周年を記念して製作された映画『ひまわり』を観る機会も設けました。この作品は1959年、米軍ジェット機が墜落しながら沖縄・宮森小学校に激突、炎上し、学童11名、近隣住民6名が犠牲となった大惨事を題材にした映画ですが、この作品を通して今も沖縄には戦争の爪痕が残り、厳しい現実に苦しむ人々がいることを生徒たちは感じ取っていたようです」と第2学年主任として昨年の修学旅行に同行した舘野宏先生は話します。

旅行のハイライトはグループ行動の「タクシー研修」

 修学旅行の1日目は、『戦争の傷痕から平和を考える』ことをテーマにコースが組まれており、「ひめゆりの塔」や「平和祈念資料館」を見学します。「平和祈念資料館」では沖縄戦を体験した方による講話を聞きますが、終戦からすでに70年近く経つ現在、戦争体験者の方からじかに話を聞くことはだんだん難しくなってきています。そんな貴重な機会となる、高齢者の方に語っていただく避難生活や収容所の体験談に、生徒たちは深い感銘を受けていたようです。

 2日目には、『タクシー自主研修』が実施されます。3〜4名がひとつのグループになって、世界遺産、水族館、テーマパーク、沖縄料理などあらかじめ設定したルートをタクシーで回るというこの旅行のハイライト。出発時には、宿泊先のホテルの駐車場にタクシー約70台が集まるという壮観な様子が見られるそうです。各グループともタクシーの運転手さんとコミュニケーションを図りながら、効率的に回るための順番やルートを決めてから出発し、夕方の決められた時間内までにホテルに戻ります

 3日目には、楽しい『体験学習』が用意されています。独自の文化と歴史を持ち、亜熱帯の温暖な気候と豊かな自然に恵まれた沖縄本島。その中北部にある体験施設「ニライカナイ」でのパイナップル刈り取り、沖縄風ドーナツのサーターアンダギーのお菓子作り、自分だけのオリジナルシーサー作りなどをはじめ、マリンスポーツやリバートレッキングなど、沖縄ならではのアクティブな体験を一日中楽しみます。

 最終日となる4日目は、『首里城・国際通り』を訪れます。首里城を見学した後はグループごとにランチをとったり、買い物を楽しんだりするフリータイムが用意されています。その後は定刻までに那覇空港へと集合し、帰路につきます。

 この修学旅行後には写真などを交えたレポート提出があり、よくまとまっているクループには賞品が進呈されるなど、修学旅行の事後学習もしっかりと実践されています。

 ある生徒が修学旅行の感想をこう述べています。「沖縄にはきれいなものがたくさんありますが、その裏には昔、大変な思いをされた方の歴史と努力があり、だからこそ今は観光地としてにぎわっているのだと感じるとともに、平和の大切さを改めて実感しました。また、最後の宿泊行事なので友達との思い出作りができました。友達との絆を深め、受験に向けて頑張ろうという気持ちもいっそう強くなりました」

自分だけのオリジナルシーサー作り

世界にひとつだけのシーサーを集中して仕上げます。

民族衣装を着て写真撮影

憧れの民族衣装の着心地はいかが?

主なスケジュール

日程 内容
1日目 ひめゆりの塔(説明・献花)、平和祈念資料館(平和講話)
2日目 タクシー自主研修(8:30〜17:00)
3日目 体験学習(8:50〜16:50)
4日目 首里城見学、国際通り自由研修

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

二松学舎大学附属高等学校  

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-32
TEL:03-3261-9288

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】新しい時代に求められる学力を養うとともに「論語」学習に基づく人格教育によって心を育てる
【インタビュー&メッセージ】母校に戻ってきた教育実習生が語る「二松學舍大附属で学んだから今がある」
【だから大好き♥私学Life】論語教育を通じて「心を育て 学力を伸ばす」3年間は生徒たちを大きく伸ばす
【人気クラブ集合!】部員同士が学年を越えて切磋琢磨しながら美しい文字を書き上げ、その喜びを分かち合う
【独自の教育プログラム】各種の新たな取り組みを盛り込み 未来志向の教育内容をより深化させる
【ワールドワイドに活躍する生徒を育てる】高い人間性と思考力を持った真の「国際人」の育成
【修学旅行・研修旅行アルバム】平和学習と体験学習で沖縄の歴史・文化を学ぶ「沖縄修学旅行」
【目的・意欲に応える 進学・受験サポート】生徒の進路に応じて2つのコースを設置
【修学旅行・研修旅行アルバム】平和学習と体験学習で沖縄の歴史・文化を学ぶ「沖縄修学旅行」
【目的・意欲に応える 進学・受験サポート】生徒の進路に応じて2つのコースを設置
【修学旅行・研修旅行アルバム】自ら考え行動する実践の場『沖縄修学旅行』
【伝統行事・名物行事ガイド】体育祭
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ