Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

修学旅行・研修旅行アルバム
女子美術大学付属高等学校

美術を学ぶ学校にふさわしく
国宝級の作品が堪能できる修学旅行

奈良・京都への修学旅行を中学で経験している生徒もいるようですか、女子美ではまったく違う場所での見学が用意されています。

高校では珍しい3年次に行く修学旅行

一番早く入場し、一番遅く退場するのが女子美の生徒と言われているそうです。それだけ熱心な生徒が多いのです。

 美術系の私学として、日本で最も長い歴史を誇る女子美術大学付属高等学校。同校は来年で100周年を迎えます。

 創設者・佐藤志津による建学の精神「我が国の文化に貢献する有能な女性の育成」を踏まえながら、女子美術大学の付属校ならではの教育を実践しています。高校では珍しい3年次に行く修学旅行も、美術を学ぶ学校らしい独創性にあふれた内容となっています。

 多くの高校では2年次に修学旅行を実施していますが、女子美では3年次の4月下旬に実施。これは2年生から3年生への進級時にクラス替えがないため、2年次から事前準備にしっかり取り組み、気心の知れたクラスメートと仲間意識を共有しながら修学旅行を楽しめるというメリットがあるからです。

仏像に感動して涙を流すなど生徒の感性がほとばしる

普段は見られない箇所を目にすることができる貴重な体験です。生徒たちはじっくりと観察し、思い思いの感想を「美の探求ノート」に記入していきます。

 事前準備は2年次の1年間、授業やロングホームルームの時間を通して、拝観する寺院の歴史や美術品などについてあらかじめ学習し、知識を蓄えます。

 寺院に嫁いだ卒業生もいるため、通常であれば見学できない国宝級の仏像や障壁画などの美術作品を特別に拝観できるという特典がコースに盛り込まれています。また、訪問先で失礼がないよう、事前に寺院内での規律やマナーも身につけます。

 1日目と2日目、最終日の5日目のスケジュールは全員共通ですが、3日目の京都コースと4日目のグループごとの自主研修は目的地が異なっています(下表参照)。

 1日目の「聖林寺」では、生徒たちが11面観音の素材・デザイン・色・塗などについて次々とお坊さんに質問するため、先方が応えに窮することもしばしば。美術品に対する好奇心は留まるところを知らず、気がつくとアッという間に拝観の時間が過ぎているそうです。また、この11面観音についても事前に知識を得ているため、実際に対面した際は感動のあまり涙を流す生徒も。それを見た先生方も目頭が熱くなるそうです。

 宿泊や食事も将来に役立ててもらうため、一流の場所が選ばれています。京都では団体向けの宿ではなく、三条通りに面した歴史ある日本旅館で、桃山時代の「京瀬戸十作」の一人「有来新兵衛(うらいしんべえ)」の私宅だった宿に泊まります。

多様なコースを用意して美意識や創作意欲を高めていく

 3日目の京都コースでは5つのグループに分かれますが、昼食は「うどんちり」「精進料理」「手をけ弁当」「麦とろ湯葉御膳」「京料理」と、一流の京の味を堪能できるメニューが各コースごとに用意されています。普段は少食の生徒もいるそうですが、この日の食事は全員が完食。「まだ足りない」と先生の分まで食べる生徒もいると言います。

 3日目のAコースには「薮内家茶室」が組み込まれており、各自があらかじめ黒文字と懐紙を用意して、正座でお点前に臨みます。

 4日目の自主研修では6名程度のグループに分かれて行動しますが、迷子になった場合に備えて生徒はGPSを所持、先生は宿で待機して生徒をサポートします。

 この修学旅行をきっかけに、大学で文化財修復を専攻したいと希望する生徒も出てきています。女子美ならではの独創的な修学旅行は、美術に触れることを通して自分の将来を見つめ、建学の精神でもある「我が国の文化に貢献する有能な女性の育成」をめざすキャリア教育にもつながっているのです。

生徒の約70%が女子美術大学に進学しています。

スケジュール

日次 行程 宿泊
1日目 東京駅〜奈良室生寺〜安倍文殊院〜聖林寺 多武峰観光ホテル
2日目 当麻寺〜浄瑠璃寺〜岩船寺 京都日昇別荘
3日目 京都コース別 京都日昇別荘
  A:法然寺〜銀閣寺〜(昼食)うどんちり〜薮内家茶室〜東寺

B:妙心寺〜(昼食)精進料理〜天竜寺(法堂・庭園)〜霊鑑寺

C:南禅寺〜(昼食)手をけ弁当〜毘沙門堂〜醍醐寺

D:霊鑑寺〜智積院〜(昼食)麦とろ湯葉御膳〜相国寺〜聖護院

E:大徳寺〜(昼食)京料理〜実相院〜永観堂
4日目 自主研修 京都日昇別荘
5日目 東福寺〜東寺〜京都駅〜東京駅

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

女子美術大学付属高等学校  

〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8
TEL:03-5340-4541

進学なび掲載情報

【グローバル】女子美ならではの高校生活によりいっそうの意義をもたらす美術研修旅行
【行事】表現することを心から楽しむ!白熱の運動会は芸術の祭典
【卒業生メッセージ】教育実習生として母校に集合した卒業生が語る座談会「女子美で学ぶと心が豊かになる」
【授業まるごとWatching!】幼い頃から好きだったことで自己実現!だからこそ女子美の授業は常に真剣勝負!
【独自の教育プログラム】論理的な思考力や探究心、豊かな表現力を養い世界で活躍できる女性を育てる
【私学トップインタビュー】思春期に与える美術の力は偉大
【世界を意識する生徒を育てる】美術を学ぶことが世界を知ることにつながる 美術研修旅行と国際交流でさらなる広がりを
【修学旅行・研修旅行アルバム】「美術が好き」という気持ちを育てる奈良・京都修学旅行
【私学トップインタビュー】世界に広がる美術系高校出身者が活躍する領域でデザイン、アートと関わりのない生活はない
【独自の教育プログラム】美大を知る、さまざまな高大連携プログラム
【修学旅行・研修旅行アルバム】美術を学ぶ学校にふさわしく 国宝級の作品が堪能できる修学旅行
【学校歴史探訪】女子美術の歴史を重ねて100週年を迎える
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ