Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

卒業生メッセージ
京華高等学校

「Never Die(ネバーダイ)」
目標に向かって最後まで諦めない精神力は京華から学んだ

母校での3週間の教育実習を終えました。最初は緊張したものの終盤には生徒とも打ち解け、先輩として受験について体験を交えて話すまでになりました。

学校を信じ、先生を信頼すれば夢は必ずかないます

 京華高等学校の校訓は「Never Die」。目的や目標に向かって最後まで諦めずにやり抜く強い意志と行動力を表現しています。京華で3年間を過ごし、教育実習生として母校に戻ってきた卒業生も「Never Die」の精神を身につけ、大学に進んでからも自らの道を歩み続けています。高校時代のこと、大学のこと、将来のことなどについて語り合ってもらいました。

H・Yくん
東京理科大学理工学部
数学科4年 2011年卒業
H・Yくん 東京理科大学理工学部 数学科4年 2011年卒業

「先生が出す宿題をしているうちに、成績も上がってきました」

K・Mくん
駒澤大学法学部
法律学科4年 2011年卒業
K・Mくん 駒澤大学法学部 法律学科4年 2011年卒業

「教師という職業は、次の世代を育てる有意義な仕事だと思います」

S・Aくん
東京農工大学工学部
物理システム工学科4年 2012年卒業
S・Aくん 東京農工大学工学部 物理システム工学科4年 2012年卒業

「中学時代は野球をやっていましたが、高校では学業を優先しました」

職員室や授業を通して先生方の面倒見の良さがわかる

教育実習生として、教えられる側ではなく、教える側になった感想は?

H・Y
先生方が本当に生徒のことを考えながら面倒を見ていることに気づきました。

K・M
僕も同感です。先生方の大変さが職員室にいるとよくわかります。

S・A
教育実習生として授業を見学させていただいていると、先生方は教科書だけを進めているのではなく、生徒のことをしっかり観察し、気を配りながら授業を進めているところに感心させられます。

大学と高校の違いは?

H・Y
高校時代は規則を学び、大学では自由な時間をどう使うかだと思います。

K・M
京華は面倒見の良い学校で、先生がいろいろと手助けをしてくれましたが、大学はすべて自己責任で決めなければなりません。

S・A
僕も高校と大学では責任感の持ち方が違うと思います。今一人暮らしをしていますが、一人暮らしをしているからこそ親のありがたさが実感できます。

大学の選択については?

H・Y
数学が得意だったので、大学でも数学を勉強したいと思って受験しました。担任の先生から受験のことについていろいろとアドバイスを受け、最後まで支えてもらいました。

K・M
法律家になりたいと思っていたので、学部・学科にはすごくこだわっていました。京華に入学してから法学部に行きたいという意志をずっと持っていました。

S・A
国立大学に入学して物理や数学を専攻したいと思っていました。私立も受験して早稲田の教育学部に合格したのですが、自分の意志で東京農工大に進みました。

予備校に通わなくても必要なことはすべて学校で学べる

京華で良かったと思うことは?

H・Y
さまざまな進学プログラムがあり、それを受講していくうちに実力がついていきました。とくに勉強合宿に参加したことで、勉強する姿勢が身につきました。仲の良い友人もでき、先生とも打ち解けられました。

K・M
私立は公立に比べて授業料などが高いイメージですが、無料でさまざまな講座や進学プログラムが用意されているので、結果的に安く済んだと思います。また、個人面談も数えきれないほどあり、必要があれば先生から呼ばれるし、自分からも先生に相談に行くなど頻繁に面談をしていただいたことで安心できました。3年間無遅刻・無欠席で皆勤賞をもらいましたが、これも学校に来ることが楽しかったから達成できたことですね。

S・A
ティーチングサポートは良いシステムでした。高2で中入生と高入生が一緒のクラスになるのですが、最初は距離を置いていた両者が放課後一緒に勉強するようになって、ライバル意識はありますが仲良くなり、同じ目標に向かって努力しようと励まし合っていました。

将来の目標は?

H・Y
京華に入学後、担任の先生から影響を受け、先生と同じ大学に進んで教員になりたいと希望していました。その思いは今も変わりません。

K・M
将来は法律家になりたいと思っています。そのために法科大学院に進む予定です。

S・A
大学院に進み、研究を究め、新しい現象を発見したいと思っています。

後輩にメッセージをお願いします

H・Y
先生を信頼して、質問や相談をしてください。僕の場合、卒業してからも京華の先生と親交があり、今でも困ったときは相談に乗ってもらっています。

K・M
京華は信頼に応えてくれる良い学校だと思います。予備校に行く同級生もいましたが、学校でさまざまな講座や授業があるので、それを受けていれば成績も上がります。

S・A
勉強方法がわからなくなることもありますが、先生に相談しながら努力していくことで未来が見え、夢は必ずかなうと思います。

一同
素晴らしい学校なので、ぜひ僕らの後輩になってください。

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

京華高等学校  

〒112-8612 東京都文京区白山5-6-6
TEL:03-3946-4451

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】野球を通して培った逆境に動じない心で東京大学に合格
【インタビュー&メッセージ】近年、人気が高まっている京華への志望者は必見・必読!
【人気クラブ集合!】全国大会を視野に入れる2つのクラブ 合い言葉は“ネバー・ダイ”と“やれば、できる”
【卒業生メッセージ】人生の転機を京華高校で迎えた二人 校訓「ネバー・ダイ(不撓不屈)」を実行し 互いに切磋琢磨した高校生活
【大学合格実績躍進校レポート】躍進する合格実績を支えているのは「男子校」のプライド 最後までやり抜く精神力で志望大学合格へ!
【学校歴史探訪】創立120周年を迎え脈々と継承される創立者のDNA
【キャンパス見聞録】「男子校」といっても堅いイメージはなし さあ、快適な環境が整った学び舎へGO!
【世界を意識する生徒を育てる】英語力+“生き方”を学ぶオーストラリア夏季海外研修
【高大連携教育への取り組み】國學院大學との高大連携協定を締結! リアルな大学生活を知る
【目的・意欲に応える 進学・受験サポート】2015年春、3コース体制の第1期生の躍進
【卒業生メッセージ】「Never Die(ネバーダイ)」目標に向かって最後まで諦めない精神力は京華から学んだ
【伝統行事・名物行事ガイド】体育祭
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ