Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

私学トップインタビュー②
緑ヶ丘女子高等学校

看護・医療・幼児教育など将来の夢に向かって
本校で必要となる素養を身につけてほしい

東京オリンピック・パラリンピックに向けて「おもてなしの心」を学ぶカレッジを開催
外川 昌宏 校長

外川 昌宏とがわまさひろ 校長

横須賀市生まれ。関東学院大学経済学部出身。社会科教諭。市立養護学校、市立衣笠中学校、市立横須賀高校、横須賀市教育委員会、市立総合高校の校長を退職後、今春、緑ヶ丘女子高等学校の校長に着任。生まれも育ちも教員生活も、すべてオール横須賀市。そんな生粋のヨコスカ人にふさわしく、趣味はシーカヤック。休日には颯爽とパドルを漕ぐそうです。

女性ならではの言葉遣いの美しさそこを強く感じました

 教員生活も長いのですが、女子校は初めての経験です。小高い丘の上にある本校をめざして息を切らせながら坂を上がり、生徒と初めて接したとき、言葉遣いの美しさを強く感じました。もちろん、言葉遣いの美しさに定評のある女子校はほかにもたくさんあると思いますが、本校の生徒にはそこに加えて、やさしさや温かさを感じました。その部分に、看護・医療・幼児教育などに将来の夢を託す生徒が多いという、本校ならではの特色が表れていると思います。

 また、グローバル化の時代と言われる現在ですが、自分のことや日本のことがわかっていなければ、国際社会に目を向けても何も生まれません。自分のことを理解し、日本の文化や歴史なども理解して、そこで初めて世界の国々との違いを理解し、真の国際人になることができるはずです。こうした点を踏まえながら、本校では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、おもてなしの方法を学ぶ『横須賀青少年おもてなしカレッジ』を7月に開催しました。これは、五輪開催時に横須賀市を訪れる国内外の人たちを手助けするボランティアとして、本校の生徒たちに活躍してほしいという思いを込めた試みです。

 まずは基本的な挨拶を学んだ後、外国の文化の違い、英語での挨拶といったプログラムを学習します。礼儀作法やおもてなしの心は、社会に出てからも必ず役立つはずです。東京オリンピック・パラリンピックで終わらせるのではなく、社会に出てもここで学んだおもてなしの心を生かしてほしいと願っています。

 本校で大切にしていることは「誠実な心をもって事にあたる」ことと「やさしさと礼節をもって人に接する」ということです。この精神は世の中が変わっても社会に出てからも、「おもてなしの心」と一緒にいつまでも忘れないで持ち続けてほしい大切なものです。「このことはとくに大切」と、事あるごとに生徒たちへ語りかけています。

集団で勉強する環境を通して学習習慣を身につけてほしい

小高い丘にある自然に恵まれた環境

小高い丘にある自然に恵まれた環境。校長先生も生徒たちもこのキャンパスが大好きです。

 現在は少子高齢化の時代ですが、これからの女性の在り方とは社会で活躍することであり、それが社会からも望まれています。看護・医療・幼児教育をはじめ、女性がさらに活躍できる仕事がこれからもどんどん出てくるはずです。こうした状況下で、社会で自立して活躍できる素養を、本校で身につけてほしいと願っています。

 高校だけですべてを完結させるのは難しい時代ですので、例えば看護系に進みたいという生徒に対しては、外部の専門家の力をお借りしながら講習や実習に取り組んでいます。具体的には地元の病院からご協力をいただきながら、普通科高校では珍しい3日間の看護体験を行っています。このような体験を通して、自分が本当にやりたい仕事を見つけてほしいですね。

 また、生徒一人ひとりに学習習慣を身につけてもらうため、集団で学習のできる環境づくりを大事にしていきたいと思います。自分一人だけで学習習慣を身につけることは困難ですが、集団で切磋琢磨しながらお互いに良い影響を与え合うことで、学習習慣も身についていくはずです。そのために図書館や自習室を開放していきます。加えて本校はアットホームな学校ですから、集団で勉強する中でわからないところが出てきたら、いつでも先生をつかまえて当たり前のように勉強を教えてもらえます。このような環境を通して、さらに上をめざすという意識を養ってほしいと思います。

 また、本校の特色のひとつでもある幼児教育に関しても、卒業後すぐに幼児の指導ができるわけではありませんが、幼児教育に必要な資質や能力などは本校での学びによって必ず身につくはずです。入学当初はピアノがまったく弾けなくても、本校ではそうした生徒に対してきめ細かな指導を行い、卒業までにはピアノが上達、苦手意識もなくなり、自信を深めていけるはずです。

 本校で学ぶ3年間を通して、すべての生徒が本当にやりたい仕事を見つけて、将来の夢に向かって一歩一歩着実に歩んでいってほしいと願ってやみません。

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

緑ヶ丘女子高等学校  

〒238-0018 神奈川県横須賀市緑が丘39
TEL:046-822-1651

進学なび掲載情報

【部活動・クラブ活動】歴史と伝統を継承しつつ文武両道を実践
【インタビュー&メッセージ】なりたい自分を具体的に思い描くアクティブラーニング型キャリアプログラムを導入
【伝統行事・名物行事ガイド】歌って! 踊って! 誰もが主役になる幼児教育コースの『卒業制作発表会』
【私学トップインタビュー】本校の3年間で”なりたい自分”を見つけてほしい
【大学合格実績躍進校レポート】ハイテク学習支援システムの活用と「心の絆」で生徒を志望大学へ導く
【伝統行事・名物行事ガイド】学年やコースの枠を超えた4色対抗戦 熱く盛り上がる体育大会
【独自の教育プログラム】5つのルートで希望進路に応じた教育を実践 強化した英語とバラエティ豊かな選択科目
【学校自慢の生徒登場】生徒会長にしてダンス部部長!『リーダー』として頑張る礒野朱里さんに直撃インタビュー
【キャンパス見聞録】坂の上の緑のキャンパス 横須賀湾を見渡せるインターナショナルな女子校です!
【我が校のキャリアプログラム】社会人になったとき、何を大切にして働きたいか考える
【私学トップインタビュー②】看護・医療・幼児教育など将来の夢に向かって本校で必要となる素養を身につけてほしい
【独自の教育プログラム】人気の高い看護・医療系に役立つセミナーを実施
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ