LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

私学トップインタビュー②
開智高等学校

創造力・発信力を養う独自の教育を実践し
専門分野で世界に貢献できる人材を育成する

グループで討論し、資料を作成し、発表する
そんな学びが将来にわたって生かされていきます
青木 徹 校長

青木 徹あおきとおる 校長

都立立川高校、東京学芸大学卒業。高校時代から教員を志望。音楽の教員として23年間公立中学の教壇に立つ。1996年に中高一貫の開智中学・高等学校を開校し、探求型フィールドワークや「創造型・発信型」の学びをスタートさせる。2010年に開智未来中学・高等学校を開校。2014年から日本橋女学館理事長・校長を兼務。現在・学校法人開智学園理事長。

生徒主体の独自教育を20年前から取り入れていました

 1983年の開校から今年で31年目を迎えますが、本校では20年前からすでに「創造型・発信型」の独自教育を行っています。

 今でこそ国が『SSH(スーパーサイエンスハイスクール)』や『SGH(スーパーグローバルハイスクール)』の指定校を選定して、『SSH』では科学分野において観察や実験を多く経験させることの必要性を説き、『SGH』では単に語学力を磨くのではなく、深い教養、コミュニケーション能力などの国際的素養が身につく体験型学習を勧めています。ですが、本校では教員による一方的な授業ではなく、生徒自らが体験し、考え、学び、創造していく教育をいち早く取り入れてきたのです。

東大、京大、国立大医学部にTコースから多数合格

 本校には2つの類型が用意されています。新しい創造型・発信型の学びを実践し、生きた知識から思考力・創造力を養う『S類』と、S類の学びを生徒の個性や学力に対応させ、確実な知識と高度な応用力を育む『D類』で、S類はTコースとSコースに分かれます。

 Tコースは4年前に誕生し、今春は東大・京大・東北大・国立大医学部などに多くの現役合格者を輩出しています。優秀な教員たちが毎年研究を重ねながら、生徒の能力を引き出す教育を実践することで、来年度以降も高いレベルでの実績が期待できるはずです。

 S類で学んだ卒業生が、本校の教育に次のような感想を寄せてくれてました。

『開智での学びが医学部で生かされていると実感することがあります。例えば、東北大学医学部では座学の講義以外にも、数名のグループになって討論や資料作成、発表などを行う機会があります。その中で自分が中心となり、話を進めることができるのは、高校時代に情報収集力や解決策を導き出す柔軟な思考力、そしてそれを発信する能力を養う授業を経験してきたからだと思います』

主体性の一つの形が生徒が作るサークル活動

ハンドボール部の生徒たちとともに

ハンドボール部の生徒たちとともに。みんな異口同音に勉強しやすい環境が整っている学校と評価し、部活動後も自習室で勉強してから帰宅すると話してくれました。

 こうした成果を踏まえながら、今後はさらに「創造力・発信力」を育む授業や行事をより深めていきたいと考えています。

 教員が企画したことに生徒が取り組むのではなく、生徒に主体性を持たせながら、生徒の中から学びたいという意欲が自然と出てくるようにしていきたいと思っています。そのサポートとして、本校ではサークル活動を推奨しています。サークル活動は、生徒が主体的にやりたいものであれば、数名集まるだけですぐにスタートできます。そんな生徒の主体性を、私は応援したいと考えています。現在はクイズ研究会、数学研究会、源氏物語研究会などのサークルが活動しています。

学習環境を整えることも本校の大切な使命です

 また、学習環境の整備も大切です。生徒が積極的に学習に取り組める雰囲気づくりを行うことが学校の使命となります。そこで本校では、校内に一人でもグループでも学習できるスペースを多数設置しています。

 さらに、本校を卒業した浪人生を対象とした土曜講座も設けています。彼らの苦手分野や学習内容などを教員が把握しているため、両者が確認し合いながらサポートを行えるメリットがあります。その結果、講座を受講した浪人生全員が、東大、国立大医学部などの第一志望校に今春合格しています。

 グローバル教育が注目される現在ですが、グローバル教育で大事な点は、自らのアイデンティティを知り、世界中の人々の考え方や文化を知り、相手の国や人を理解していくことです。そのため、本校ではオーストラリア・ニュージーランド・アメリカのバークレーでの語学研修や大学での講座などを用意しています。

 本校独自の創造力・発信力を育む授業は、それぞれの道の専門家として将来社会で貢献していくために、学問のみの知識ではなく、教養や人間性、そして考える力を高められる、かけがえのない教育と自負しています。

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

開智高等学校  

〒339-0004 埼玉県さいたま市岩槻区徳力西186
TEL:048-794-4599

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ