Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

独自の教育プログラム
京華商業高等学校

きめ細かな指導で得た “価値ある各種資格”
それを武器に大学進学・就職の夢をかなえる

生徒個々をケアする手厚い進路指導で、「9年連続で大学現役合格率90%以上」「就職内定率100%」をキープ。

生徒個々をケアする手厚い進路指導で、「9年連続で大学現役合格率90%以上」「就職内定率100%」をキープ。

今春の大学現役合格率は98.8%に

 首都圏唯一となる私立共学商業高校として、新たな時代に対応する実学教育を実践する京華商業高等学校。明治32年の創立以降、有為な人材を社会に送り出し続けているトップレベルの実業系高校です。そんな同校は今春、『大学・短大現役合格率=98.8%』という進学実績をマークしました。

「進学希望者80 名中79名が現役で大学進学を果たしました。意外に思われるかもしれませんが、本校は今年度まで9年連続で90%以上の大学現役合格率を達成し続けているのです」

 こう解説するのは広報主任・井上敬義先生。一方の就職希望者の内定率はもちろん100%と高い実績を維持しています。就職面に強みを持つ同校が進学面でもこのような高い実績を上げている背景にあるものは何なのでしょうか。

「実は、本校生徒のほとんどが一般入試ではなく、推薦入試やAO入試を経て大学に進学しているのです。実学教育を展開する中、本校は各種資格の取得に向けた教育に力を入れており、多くの生徒が在学中に価値ある資格を得ています。推薦やAOにおいては、この『資格』が強力な武器になるのです」

 では “進学・就職の双方に強い” 同校の教育内容を、具体的に紹介していきましょう。

『進学力&検定突破力』これを培う3種のコース

情報処理の授業は、教員2名のチームティーチング体制のもと、きめ細かな指導が実践されています

情報処理の授業は、教員2名のチームティーチング体制のもと、きめ細かな指導が実践されています。

 入学後の1年次は、幅広い社会性と基礎学力を養成するため、全員が共通のカリキュラムで学びを進めていきます。普通科高校との大きな違いは、ビジネス基礎・簿記・情報処理など『商業科目』が盛り込まれていること。そして、2年次以降は生徒個々の希望に応じた次の3つのコースに分かれ、より高度な学習に取り組んでいくことになります。

大学進学コース

 英語と国語の履修時間を普通科高校と同程度に設定。大学受験に向けた基礎学力を養成していきます。また、推薦・AO入試対策としてきめ細かな小論文指導も実施。さらには大手予備校のサテライト授業も導入するなど、さまざまな進路に対応できるフレキシブルな進学指導体制が構築されています。

情報処理コース

『全商情報処理検定1級』をはじめ、各種IT関連資格の取得をめざすコース。また、同時に実務的な各種技術も習得していきます。ワード・エクセルを中心とした授業は、教員2名によるチーム・ティーチングにより進行。パソコンに不慣れでも、無理なく実力を伸ばせる体制を整えています。

ビジネスコース

『全商珠算・電卓検定1級』など、各種ビジネス系資格を取得するための実践的なカリキュラムが満載です。また、同コースで学んだ基礎知識を土台に、より高度な専門知識を習得し、さまざまな分野で活躍できる能力を身につけます。

「授業の折々で、資格取得に向けた取り組みを行うほか、検定試験の直前には特別対策講習なども行います。こうして手にした各種資格は大学受験時にも大きな効力を発揮し、『大学進学コース』のみならず、ほかの2コースからも多数の大学進学者を輩出しています」

学校全体で盛り上がる白熱の『実科競技大会』

毎年11月に開催される商業高校ならではのイベント『実科競技大会』。全校生徒が大いに盛り上がる1日となります

毎年11月に開催される商業高校ならではのイベント『実科競技大会』。全校生徒が大いに盛り上がる1日となります。

「本校は部活動も非常に盛んで、多くの生徒が3年間にわたり、さまざまクラブに所属しています。そして、この部活動における実績が、推薦・AO入試の際に高く評価されるケースが多いのです」

 こうした部活動のほか、体育祭や文化祭など楽しい学校行事もふんだんに用意されています。その中で最も注目される行事が『実科競技大会』。全生徒が丸1日をかけて各種の商業科目に関連する課題に挑戦し、それまでに磨いた技量を競い合うという商業高校ならではの実践系イベントです。競技は大きく『個人総合』と『団体』の2種に分かれ、課題は簿記・情報処理・ビジネス基礎などのほか、漢字・数学など多岐にわたっています。

「クラス対抗で行う『団体競技』はとくに盛り上がります。アカウンティング(会計)・マネジメント(経営)・カリキュレート(計算)という3種の競技それぞれに、各クラスが代表選手12名を送り込み、選手が協力しながら課題に挑戦していくというイベントです」

 クラスの威信をかけ、代表選手が団結してチャレンジする団体競技。時を追うごとに生徒たちはヒートアップ、「会場全体が混乱状態になってしまう」という白熱のイベントです。

「商業科目は全員が “初体験” なので、中学時代の学力に関係なく学ぶことができます。そして、頑張れば実力がますますアップし、価値ある資格を取得、大学にも進学できます。 “高校では頑張りたい” という意欲を持った生徒にとって、本校はうってつけの学校だと思います」

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

京華商業高等学校  

〒112-8612 東京都文京区白山5-6-6
TEL:03-3946-4491

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ