Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

独自の教育プログラム
麻布大学附属高等学校

大学受験は「7限セミナー」で完全バックアップ
「獣医学部」がある麻布大学へは特別入試を利用

7時限セミナーでは、受験・授業支援・復習など3タイプの授業が行われています。

「7限セミナー」と「土曜講座」で学力を伸ばし、人間性を育てる

●7限セミナー

受験指導型セミナー
内容:英数国を中心に理社を加える
学年:2・3年
授業支援型セミナー
内容:主要5教科+α
学年:1・2年
中学校復習型セミナー
内容:英語、数学
学年:1年
総合学習型セミナー
内容:通常の授業では出来ない内容のものを実施
学年:全学年

総合学習型セミナー 開講一例

  • 偏差値30台からの難関大学合格法(実体験に基づく)
  • 女子力アップモテモテクッキング
  • 救急救命法講座
  • ルウム戦役からの1年戦争特講
  • プロ野球講座
  • 声優のお話(現場の声を聞いてみよう)
  • ゴーヤでGOや!!
  • たそがれバックパック一人旅(異国の風に吹かれて)
  • 戦争を知らない世代が戦争を語ってみる
  • イルカ好きですか? 私は好きです!!
  • 保育園に行こう!!
  • わくわくトレーニング
  • 絵本を読んで泣く方法
  • 明日は明日の風が吹く
  • 編み物(手袋)
  • ダンス
  • バラ色の人生を送るために
  • 鉄学入門  他

 麻布大学附属高等学校では、生徒一人ひとりの学力を伸ばし、人間的な幅と魅力を広げるための、さまざまな教育プログラムが用意されています。

 文武両道を推進する同校では、勉強と部活動の時間がきっちりと分けられており、勉強と部活動の両立が容易になっています。具体的には午後4時までが学習の時間、つまり7限が終了するまでは、授業・補習・自習などを行い、部活動は禁止となっています。しかし、午後4時以降は部活動をはじめとする課外活動が優先されており、学習と部活動の時間が被らないよう、きっちりと線引きがされているのです。

 そして、その7限目に用意されているのが『7限セミナー』です。このセミナーには、受験に対応した演習形式の「受験指導型セミナー」、通常授業の復習を行う「授業支援型セミナー」、苦手克服タイプの「中学校復習型セミナー」が用意されています。そして、4つ目のセミナーがユニークと評判の「総合学習型セミナー」です。これは同校の先生方が自分の趣味や特技を担当科目に関係なく生徒に教え、生徒の興味や知的好奇心を喚起する講座です。「7限セミナー」は学力の向上はもちろん、人間としての成長も促す講座内容となっています。

 また、通常授業のない土曜日には「土曜講座」を開講。ネイティブスピーカーによる「英会話講座」、基礎から実践を指導する「小論文講座」、基本的な態度やマナーを教える「面接試験対策講座」などを行い、教養を高めるとともに大学入試にも備えられます。

「特進クラス」と「進学クラス」に分けて習熟度別授業を実施

設置クラス

設置クラス

 同校は麻布大学の附属校ですが、卒業生の多くが他の4年制大学にも進学しています。個性や適性、希望に応じて生徒をバックアップする同校の進路指導の成果と言えるでしょう。そのためには確かな学力を身につけることが大切と、選択授業では10 名前後の少人数制授業が行われることも珍しくありません。

 また、習熟度別の教育を行うため、「特進クラス」と「進学クラス」を設置。特進クラスではハイレベルな授業を行い、難関大学受験に対応可能な実践的学力を身につけます。進学クラスではていねいな授業によって基礎学力の定着を図り、着実な学力の向上をめざします。

 生徒一人ひとりを大切に考える、こうした取り組みが、ここ数年の進学実績にも如実に反映されています。

生徒にとってメリット大の高大一貫教育

2012~14年春 難関大合格者の推移

2012~14年春 難関大合格者の推移

 同校を紹介するうえで、欠かすことのできないものが、同じ敷地内にある『麻布大学』の存在です。麻布大学は「獣医学部」と「生命・環境科学部」を擁する理系(生物系)の大学です。その附属校として高大一貫教育が行われ、大学の授業に触れる機会が数多く設けられている点は特筆に値します。

 例えば、同校の2・3年生は週2時間、麻布大学の教授による授業を受講することができます。具体的な授業例としては「動物の体のしくみ」「実験動物とは」「食品と寄生虫感染症」「環境汚染物質の生態系への影響」などがあります。大学ならではの専門的な授業に接することで、高校生のうちから大学とは何か、大学で何を学べるのかを理解し、将来に備えることができるのです。

 もちろん、特別入試で麻布大学を受験して、有利に進学することも可能です。特別入試による進学者は、入学金免除という大きなメリットもあります。

卒業生インタビュー

充実の学習環境に満足
T・Aさん(横浜国立大学 進学)

 在校中は、経験したことのない大学受験に希望と不安を感じていましたが、先生方の励ましや各種のセミナーによって自信をつけることができ、満足の得られる進路を実現することができました。最後まで頑張れた要因は、充実したバックアップ環境のおかげだと思います。

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

麻布大学附属高等学校  

〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-50
TEL:042-757-2403

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ