Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

私学トップインタビュー①
文化学園大学杉並高等学校

2015年度スタートの新設コースでは
国内&海外の高校卒業資格が得られる

松谷 茂(まつたに しげる)校長

松谷 茂まつたに しげる 校長
1953年生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。1975年、文化女子大学附属杉並高等学校(当時)の保健体育科教員に。ソフトテニス部監督としても全日本高等学校選抜大会で初優勝に導くなど功績を残す。2011年から文化学園大学杉並高等学校校長。全国高等学校体育連盟専門部(ソフトテニス)部長も務め、『確実に上達するソフトテニス(改訂新版)』(実業之日本社)の監修など、ソフトテニスの普及に尽力。

わかる授業の徹底と自ら考える生徒の育成

「文杉」として40周年を迎えた今年、夏服がリニューアルされるなど、さらなる進化を遂げています。

「文杉」として40周年を迎えた今年、夏服がリニューアルされるなど、さらなる進化を遂げています。

 本校は建学の精神として「感動の教育」をうたっています。私どもの言う感動とは、友情と相手を思いやる心を育み、先生との絆を強め、尊敬の心を育み、生きることの意味と大切さを教えてくれるものです。グローバル化する社会で活躍できる女性になってほしいという思いが、その原点になっています。

 本校では、「わかる授業の徹底」「自ら考える生徒の育成」を指導方針に掲げています。知らなかったことが「わかる!」という感動も大切です。学力とは『学ぼうとする力』『学ぶ力』『学んだ力』を総合した結果、生まれるものと考えています。

世界への夢を広げる「ダブルディプロマ」

 グローバル人材の育成という観点で考えると、英語による論理的な説明やコミュニケーション能力などが求められます。そこで、指導方針に「国際公用語としての英語力習得」を加え、2015年度より「ダブルディプロマコース」を新設いたします。

 このコースでは日本のカリキュラムに加えて、世界でも質の高い教育が特徴の海外プログラムをオールイングリッシュで学ぶという、国内の教育機関としては最先端の取り組みを行います。すなわち、取得できる卒業資格は、日本国内と海外両方の高等学校のものになるのです。卒業後の進路選択にあたっては、海外の大学に挑戦することはもちろん、日本の難関大学に臨むことも可能になります。

 海外の高校名は正式に決定し次第発表いたしますが、所在地はカナダです。1年次の夏休みに、カナダで約1カ月間のホームステイをしながら、集中講義での単位取得が必修となっており、海外校の卒業資格は同校の校長が認定します。

 クラスは中高一貫生と高校入学生の混合編成となり、当面は1学年に30名程度の少人数制で1クラスを設置します。本校と海外校の単位を取得するため、授業時間数は基本的に1日7時限となりますが、部活動への参加は制限しません。既存の他コースと同様、勉強と部活動の両立は可能です。

 ダブルディプロマコースではカナダから文系・理系の教員を招き、指導にあたります。卒業時に英検準1級レベルの英語力習得が目標です。英語以外の教科でも英語による授業が実施されますので、このコースで学ぶには英検準2級以上の資格が必要となってきます。

 なお、ダブルディプロマコースの設置に伴い、「英語コース」においてカリキュラムのグレードアップを図り、海外の大学進学に対応できる語学力の習得、英検やTOEFLへの対策などを強化します。

 また、国際社会で通用する論理的思考や、それを相手に理解させるコミュニケーション力は、英語力もさることながら、日本語がしっかりしていなければ身につかないと考えます。そこで、国語科の教員が『つくば言語技術教育研究所』で研修を受け、「言語技術」の指導法に磨きをかけているところです。生徒たちには正確な日本語の言語技術を土台に、英語力を伸ばしていってほしいと思います。

海外姉妹校提携や情報セキュリティ指導
女性教育の見直しにも取り組んでいます

大学進学は理系が躍進 コツコツ型で学力定着

 2014年春の大学合格実績では、国公立大6名、早慶上理10名といった成果をあげました。とくに理系の躍進は目覚ましく、医歯薬看護系や難関理系への合格者が増えた点は大いに評価しています。これも「感動の教育」によって、コツコツと積み重ねた学力が定着した結果と言っていいでしょう。

 私は校長に就任して4年目を迎えました。ダブルディプロマコースの日本におけるパイロット校として成功を収めることはもちろん、アメリカや台湾の学校との姉妹校提携、専門家による生徒・保護者に対するSNSなどの情報セキュリティ講習や相談対応、さらには愛情や思いやりを育む女性教育の見直しにも取り組み、今以上に多くの人々に好かれる「文杉」として、いっそうの進化を続けていきたいと思います。

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

文化学園大学杉並高等学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ