Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

大学合格実績躍進校レポート
獨協埼玉高等学校

毎年GMARCHに130名以上が合格
獨協大学併願推薦入試も利用可能

「本当に自分に合った」「本当に自分のやりたい」学問を客観的に考え、決められる判断能力の養成に重きを置いた進路指導を行います。

「本当に自分に合った」「本当に自分のやりたい」学問を客観的に考え、決められる判断能力の養成に重きを置いた進路指導を行います。

国公立大19名現役合格
医学部にも合格者を輩出

「自ら考え、判断することのできる若者を育てる」を教育理念に掲げる獨協埼玉高等学校。促成栽培的な効率主義ではなく、精神的にも物理的にもゆったりとした環境のもと、生徒の自主性と自立性を尊重しながら時間をかけて向き合い、さまざまな可能性を引き出す教育が実践されています。そのため、“特進クラス” などは編成されず、入学時点は全員フラットな扱いで、3年間を自分の将来にどう生かすかをじっくり考えられる環境となっています。特定の生徒だけが難関大学に合格するようなシステムではありません。そんな同校の2014年春卒業生の現役進学率は、男子80%以上、女子90%以上。東京外国語大学、東京工業大学、筑波大学、東京農工大学、埼玉県立大学といった国公立大に19名が現役合格を果たしました。とくに東京外国語大学の合格者数5名は、埼玉県内の私立高校中第1位となっています。

「今年の東京外国語大合格者は、全員がテニスやバレーボールなどの部活動をやり通した生徒たちでした。これまでの先輩たちの実績を励みにして努力を重ね、素晴らしい成果を出せたと言えるでしょう」(進路指導部・高山裕子先生)

 早稲田大学16名、上智大学6名、東京理科大学13名、GMARCHには合計138名が現役合格。医学部も順天堂大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、埼玉医科大学に合格者を輩出しました。

「文系・理系を問わず、GMARCHの合格者は毎年ほぼ同数で安定しています。こういった実績を継続していくことで、現役の生徒が先輩たちをいい目標にしてチャレンジできているのではないかと思います」(進路指導部主任・須藤憲視先生)

進路目的別クラス編成
ブースや自習室も整備

 1年次は基礎学力の充実を徹底し、学習方法と学習習慣の確立を図ります。2年次から文系・理系に分かれますが、国公立大や難関私立大を志望する生徒は、文系・理系の枠を超え、センター試験に必要な科目の履修が可能です。大学入試に臨むための実力を養成するとともに、具体的な進路を決めていきます。なお、併設中学からの内進生と高校からの高入生は、1・2年次は別クラスとなります。高入生も3年次までに学習進度が追いつけるよう、小テストなどできめ細かくサポートされるので安心です。3年次は『文系Ⅰ』『理系Ⅰ』『文系Ⅱ』『理系Ⅱ』、獨協大学志望の生徒対象に高大連携プログラムが組まれた『獨協コース』の5コースを設定。志望学部・学科に応じて入試に必要な科目の演習授業が必修単位となっており、進路に合わせた自由選択科目も履修できます。

『文系Ⅰ』は国公立大や早慶をめざすコース。数学が必修となっており、センター試験6科目に対応しています。

『理系Ⅰ』は難関国公立、早慶、医歯学系をめざすコース。理科2科目に対応するとともに、数学Ⅲ、センター試験対策の国語や地理が必修となっています。

『文系Ⅱ』は上智、GMARCHをはじめとした私立大をめざすコース。英語・国語・社会の3教科に重点を置きつつ、演習科目、研究科目、芸術科目なども選択して履修可能なカリキュラムが設定されています。

『理系Ⅱ』は理工系全般、薬学・看護系などをめざすコース。英語・数学・理科の3教科に重点を置きつつ、数学の履修範囲を志望校に合わせて選択できます。

 獨協大学への推薦制度が充実している同校では、例年、卒業生のおよそ2割が内部推薦で同大学に進学。前出の『獨協コース』は、外国語学部(ドイツ語学科・フランス語学科)、国際教養学部、経済学部の推薦資格を得られるコースです。また、同大学を第一志望とする生徒に対して、一定条件を満たしたうえで推薦資格を与える『単願推薦』(外国語学部・法学部)、一定条件を満たしたうえで推薦入試とともに他大学の一般入試を受験できる『併願推薦』(外国語学部英語学科・同学部交流文化学科・国際教養学部・経済学部)もあります。

 自習環境が整っている点も大きな特色です。校内の個別ブースで放課後、予備校のオンデマンド講座を格安の料金で受講できるシステムは、3年生のおよそ3割が利用。自習室の机も個別ブースになっており、放課後だけでなく始業前や休日にも勉強に励む生徒が年々増えているそうです。職員室に近い廊下に設置された学習用オープンスペースも含め、通常は19時まで利用できるため、部活動の後で自習して帰るという意欲的な生徒もいるとのこと。教員も生徒からの質問に対応できるよう待機しているので、より密度の濃い学習ができます。

自習室を利用して学習する生徒が多く、この夏には席数をさらに増やしました。

自習室を利用して学習する生徒が多く、この夏には席数をさらに増やしました。

予備校のオンデマンド講座を受講する教室では、個別ブースが増設されました。

予備校のオンデマンド講座を受講する教室では、個別ブースが増設されました。

2014年春
主要大学合格実績(現役のみ)

国公立大学

東京外国語大5、東京工業大1、筑波大1、岩手大1、群馬大2、埼玉大2、信州大1、富山大1、山口大1、東京農工大1、埼玉県立大2、前橋工科大1

私立大学

早稲田大16、上智大6、東京理科大13、明治大30、立教大25、法政大44、青山学院大17、学習院大13、中央大9、獨協大98、成蹊大16、成城大9、明治学院大9、日本女子大16、芝浦工業大13、東京電機大13、東京農業大12、北里大4

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

獨協埼玉高等学校  

〒343-0037 埼玉県越谷市恩間新田寺前316
TEL:048-977-5441

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ