Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

大学合格実績躍進校レポート
昭和学院高等学校

豊富な情報と学ぶ時間、そして緊密な “人との絆” で
生徒一人ひとりの進学目標を達成!

通常授業のほか『0時間目』と『放課後』補習があります。また、長期休暇中には個別対応型の講習も。学ぶ時間は十分確保されています。

通常授業のほか『0時間目』と『放課後』補習があります。また、長期休暇中には個別対応型の講習も。学ぶ時間は十分確保されています。

高校3年間で学力が急上昇
“敷居の高い” 大学に合格を果たす!

 今春の大学入試において、国公立・早慶上理・GMARCHの合格者が39名→60名と大幅に増加した同校。また、日東駒専の合格者も26名→38名と増加しています。ここ数年、進学面の実績が順調にアップしています。

「上位大学の合格実績は『特別進学クラス』、中堅層は『総合進学クラス』の生徒たちの頑張りがもたらした成果です」と話すのは、進路指導部長の山崎直子先生です。

 入学段階から学力別に『特別進学』『総合進学』の2グレードに分けて学習・進学指導を展開する同校。双方とも2年次でクラスを文系・理系に分割、そして後者は3年次にさらに4年制大学・短大・専門学校など志望校別のコースに分けて指導を行うという面倒見の良いシステムが構築されています。また、総合進学で従来より実践されていた習熟度別授業(英語・数学)が今年度より特別進学にも導入され、学習指導のきめ細かさがいっそう高まりました。

「本校の場合、入学段階からすでに高い学力を有している生徒ばかりではありません。でも、3年間の学習生活を送る間に、多くの生徒が目覚ましく学力を伸ばし、入学当初は “ちょっと敷居が高い” と思われていた大学に続々と合格しているのです」

 つまり、同校は「在学中に生徒を伸ばす」という面倒見の良い学校なのです。そして、そのような好ましい変化の原動力になっているものが、『進路総合学習システム』。3年間にわたり展開される緻密な進学対応プログラムです。

同校が誇るプログラム『進路総合学習システム』

力関連の緻密な情報をもとに生徒個々を見つめた、きめ細かで面倒見の良い学習指導が展開されています。

学力関連の緻密な情報をもとに生徒個々を見つめた、きめ細かで面倒見の良い学習指導が展開されています。

 同システムの根幹となるのは、生徒個々の学力に関する豊富な『情報』です。学習への意識、学習習慣の現状などを分析したデータと、1年次より計画的に実施される各種模擬試験の記録が、その主たるソースとなります。

「学力の現状やその推移を把握するため、模試の機会はできるだけ多く設定しています」(山崎先生)

 実際にスケジュール表を見てみると、1年次から大手予備校の公開模試や到達度テストなど、校内外の模試の予定が書き込まれています。学年が上がるごとにその頻度は高まり、3年次になると毎月のようにその機会が設けられています。そして、これらの情報をベースにきめ細かい学習指導が展開されていくわけですが、注目されるのは “学ぶ時間の豊富さ” 。平常時は始業前の朝に『0時間目補習』、授業終了後に『放課後補習』を設定。通常授業を含め、計8時限の授業が実施されているのです。

「放課後補習には “追いつく・差をつける” の2タイプがあり、2年次までが英・数・国中心。受験が迫った3年次では理・社も加わります。総合進学は希望制(特別進学は必修)ですが、非常に多くの生徒が参加しているようです。一方の0時間目補習は各教員が突発的に実施してるのですが、放課後補習と同様に毎日開講されています」

 また、長期休暇期間には多種多様な講座を備えた特別講習を実施。生徒個々の志望に応じた『個別対応型』の指導が展開されます。

 そして、同システムのもう一つの要素が「系統的かつ組織的な指導」です。

「1年次から三者面談をひんぱんに実施しています。大学の理解、進学意欲の向上を目的に、2年次では生徒全員に大学のオープン・キャンパスへの参加を課しています。1人あたり3〜5校で、赴いた大学に関してはすべてレポートを提出。特別進学クラスの生徒の多くは5校訪問しているようです」

タイトな『人間関係』が進学の夢をかなえる

キャリア教育を基盤として、生徒一人ひとりを大切にした進路指導を展開。面接の機会も多く設けられています。

キャリア教育を基盤として、生徒一人ひとりを大切にした進路指導を展開。面接の機会も多く設けられています。

「本校には熱意ある教員が多く、 “追いつく” ための補習などは『完全に理解できるまで帰さない』という意気込みで臨んでいるようです。放課後には教員の熱意あふれるシーンがよく見受けられますね」

 生徒の側からするとかなり大変そうに思われますが、生徒たちがこの試練を経て大学合格を果たした後、彼らが提出した手記には次のような言葉が並んでいます。《先生に感謝!合格するのが最高の恩返しと思って頑張った》《先生方は自分の弱点を本当に理解してくれていた》《仲間と先生がいたから学力を伸ばせた》──。

 これらを読むと、先生方の真意を生徒がしっかりと理解していることがわかります。同校における教員・生徒の関係は非常に良好のようです。この強い信頼関係があるからこそ、『進路総合学習システム』も効果的に機能するのでしょう。

「無理だと思っても、とにかく挑戦してみる。コツコツと努力を続ければ、必ず結果はついてきます。本校で3年間頑張って、ぜひ希望進路を実現してほしいですね」

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

昭和学院高等学校  

〒272-0823 千葉県市川市東菅野2-17-1
TEL:047-323-4171

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】自分らしさを表現できる新制服
【インタビュー&メッセージ】創立80周年を迎える2020年4月から「IA」「TA」「AA」「AA」「GA」の5コース制がスタート!
【卒業生メッセージ】自分が決めた目標に向かって妥協なし!どんなに難しい挑戦でも努力し続ければ かなわない夢などないと教えてくれた昭和学院
【伝統行事・名物行事ガイド】終わろうとしている「平成」に別れを告げ"新しい元号"に思いを巡らし"昭和のプライド"をかけて臨む『桜和祭』
【大学合格実績躍進校レポート】最も大切なのは高い志を持つこと高校3年間で学力を伸ばして夢を実現させる
【キャンパス見聞録】広大な敷地に美しくモダンな校舎や各種教室が並びます!
【私学トップインタビュー】教職員が一丸となる「チーム昭和」が3年計画で改革・改善を実践します
【キャンパス見聞録】充実した未来型創造キャンパス
【世界を意識する生徒を育てる】確かな英語力と自立した心で世界へ飛び立つ基礎を築こう!
【人気クラブ集合!】2014年、最優秀賞に輝く!
【大学合格実績躍進校レポート】豊富な情報と学ぶ時間、そして緊密な “人との絆” で生徒一人ひとりの進学目標を達成!
【人気クラブ大集合!】女子バスケットボール部/新体操部
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ