Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

高大連携教育への取り組み
日本学園高等学校

明治大学を受験する生徒の増加など
高大連携がさまざまな効果をもたらす

『特別進学』『総合進学』『スポーツ』による3コース制がとられています。

『特別進学』『総合進学』『スポーツ』による3コース制がとられています。

大学の先生の面白い授業が生徒のやる気を引き出した

学校全体の勉強へのモチベーションが高まり、来年も好結果が期待できそうです。

学校全体の勉強へのモチベーションが高まり、来年も好結果が期待できそうです。

 日本学園高等学校は、2012年3月に首都圏では初となる明治大学との高大連携校となり、今年で3年目を迎えます。2014年1月からは、明治大学・前学長の納谷廣美先生が特別顧問に就任しました。明治大学との高大連携について、広報部長・磯崎喜則先生は次のように話します。

「この高大連携は、生徒のモチベーションアップに高い効果を発揮しています。その一例が、今年現役で筑波大学に合格した生徒のケースです。この生徒の当初の成績では、筑波大学の合格は難しいものでした。ですが、明治大学の先生の模擬講座を受講し、その授業の面白さに影響を受け、こんな先生がいるハイレベルな大学で勉強したいというモチベーションが強くなったようです。その結果、最終的に筑波大学への合格を果たしました。大学の先生の講義がこれほど生徒の意欲を高めるものかと、私たち教員も驚いています。また、明治大学は難関大学であり、今まで受験にチャレンジする生徒は少なかったのですが、今春は挑戦する生徒が増えた結果、2名が合格を果たしています。今後は明治大学が目標大学のひとつになったようです」

生徒の意欲に応えるため教員も今まで以上の熱意で対応

先生が教えるだけでなく、プリントによる自学自習も生徒の学力を高めるために役立っています。

先生が教えるだけでなく、プリントによる自学自習も生徒の学力を高めるために役立っています。

 明治大学との高大連携における取り組みのひとつが、前述の筑波大学に合格した生徒のモチベーションを高めた『明治大学の先生による講義』です。2013年11月、浦田一郎教授による特別講義が、2年生の希望者を対象に同校の会議室で行われました。テーマは『憲法改正の手続きと憲法の考え方』。現在話題になっている憲法問題について、生徒たちは身近な問題として、約80分間の講義を身を乗り出して聴いていました。

 また、明治大学・和泉キャンパスのメディア棟で行われたのが『Word応用操作 大学生のレポート作成講座』。この企画も11月に行われ、2年生の希望者が参加しました。参加した生徒の感想を紹介しましょう。

『長期休みなどに出されるレポートや中学の卒業論文のときに、Wordの操作方法で困ることが多く、今まではかなり苦労していました。ですが、この講座でとても役立つスキルを学ぶことができました。今後は大学に入ってからのレポートで、十分に生かしていきたいと思います』

 さらに、明治大学・文学部が主催する『第5回読書感想文コンクール』で、474件の応募がある中、同校の生徒2名が優秀賞を受賞しました。受賞した2名は、明治大学・駿河キャンパスのリバティータワーで行われた表彰式に出席しています。

 今年7月には、1年生が引率教員とともに明治大学・和泉キャンパスに向かい、図書館を見学しました。2年前に完成したこの図書館は、60万冊が収蔵可能という巨大空間です。蔵書数もスゴイのですが、随所に最新設備が配置されていることも生徒にとって驚きだったようです。とくに生徒の関心を引いたのが、各フロアにサウンドゾーンが設定されていること。館内には、グループ閲覧室や簡単なゼミ形式のディスカッションが可能なフロアと、パソコンのキーボードの音さえ禁止されている静寂なフロアがあり、各階ごとに利用形態が異なる造りとなっていました。このような恵まれた環境を持つ明治大学に入学したいという生徒の意欲が、さらに高まった図書館見学会となりました。

 同校では明治大学との高大連携だけではなく、生徒一人ひとりの夢の実現に向かって、きめ細かな進路指導を行っています。そんな指導の一環に「講習」があり、夏休み中に100時間を超える講習を実施した教科もあったようです。

「生徒たちは今春の先輩の合格実績を見て、努力すれば国公立大学や明治大学に合格できるという気持ちになっているようです。そのため、以前と比べ勉強に取り組む姿勢が見違えるほど積極的になり、質問も多くなっています。生徒の勉強への意欲の高さに教員も引き込まれ、今まで以上に熱意を持って生徒一人ひとりに対応しています」(磯崎先生)

 日本学園では高大連携を継続しつつ、幅広い生徒の希望をかなえるために、「面倒見の良さ」と「自由・自律」の精神を大切にしながら、これからも学習環境づくりに注力していきます。

2014年大学主な合格実績

国公立大学 人数 国公立大学 人数
筑波大学 1 新潟大学 1
私立大学 人数 私立大学 人数
青山学院大学 2 神奈川大学 4
國學院大學 4 駒澤大学 5
専修大学 3 中央大学 4
東京経済大学 2 東京工科大学 7
東京農業大学 5 東京理科大学 2
東洋大学 8 日本大学 4
日本体育大学 3 明治大学 2

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

日本学園高等学校  

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34
TEL:03-3322-6331

進学なび掲載情報

【部活動・クラブ活動】バレーボール部/吹奏楽部
【行事】現地の人たちとの触れ合いを通じて沖縄の歴史・文化・自然を学ぶ修学旅行
【独自の教育プログラム】独自プログラム「創発学」がさらに進化 今年度より高校生のための「高校創発学」がスタート!
【人気クラブ集合!】バスケットボール部/トライアスロン部
【目的・意欲に答える進学・受験サポート】“入れる大学”ではなく自分が“入りたい大学”をめざす!生徒の夢をかなえるための多彩なプログラ
【修学旅行・研修旅行アルバム】“学習色満載” の沖縄修学旅行 人生の糧となる本物の体験を
【卒業生メッセージ】欠点を見つけ、それをどう克服するか考えて実行する フットサルで学んだことは勉強にも活かせました
【修学旅行・研修旅行アルバム】自然、文化と歴史、沖縄戦、基地問題を柱に過去を学び、現在を体験し、そして未来を考える沖縄修学旅行
【目的・意欲に応える進学・受験サポート】今春、合格実績が大幅に躍進 将来の進路を見据えた学習環境づくりが好結果に
【世界を意識する生徒を育てる】ネパールの大震災で被災した人たちを助けるための募金活動も行いました
【高大連携教育への取り組み】明治大学を受験する生徒の増加など高大連携がさまざまな効果をもたらす
【人気クラブ大集合!】軽音楽部
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ