Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 No.2

It's New ここが変わる!
岩倉高等学校

世界に向けてチャレンジする新生『岩倉』
共学校へと移行し、変貌する時代を生き抜く

吹奏楽部が参加した『丸の内オアゾ』のイベントの様子。

吹奏楽部が参加した『丸の内オアゾ』のイベントの様子。

クラブ・クラスを明るく変えた女子1期生たち

女子生徒が手がけた岩倉祭のポスター。

女子生徒が手がけた岩倉祭のポスター。

「私立鉄道学校」として創立された岩倉高等学校。鉄道創設に貢献した明治時代の政治家、岩倉具視にちなんだ学校名からもわかる通り、鉄道・運輸の世界に数多くの人材を輩出してきました。その岩倉が2014年春に共学化を行い、新たなスタートを切りました。

 男子校として100年以上の歴史を歩んできた同校。そんな同校に入学した女子たちに入学の理由を聞いてみると、「女子の1期生として、岩倉の新しい歴史を作る一員になりたい」「幼稚園の頃から鉄道の運転手になりたかった」など、チャレンジ精神旺盛な様子が見られます。

「『今までは息子しか母校に入学できなかったが、共学化によってこれからは娘も入れるようになってうれしい』と話す卒業生の方もいらっしゃいました。また、『兄と同じ学校に入りたい』と本校を選んだ女子もいます」と募集広報課の大久保康紀先生は話します。近年、鉄道の世界に興味・関心を持つ女子も多い中、伝統ある岩倉が門戸を開いてくれたことに喜ぶ人も多いのではないでしょうか。

 共学化による最も大きな変化は、やはり校内の雰囲気です。

「明るくなったという点が一番大きいですね。現在は文化祭の準備に入っているところですが、クラスTシャツのデザインも女子が入ったことで違いを見せています。また、文化祭ポスターのイラストを描いてくれたのも女子です。今までの文化祭ポスターは鉄道の絵ばかりだったのですが(笑)、今回は男女の周りにさまざまなクラブ活動のイメージが描かれています。その下にはしっかりと線路も描かれており、そこは男子に気を遣ってくれたようです」

 女子が入部したクラブはラクロス部、吹奏楽部、バドミントン部、ダンス部など。中でもラクロス部は男子40名という大所帯に、4名の女子が入部して、今夏、熊谷女子高校とともに仙台育英高校に遠征しました。また、大学生や韓国のチームとの親善試合もあり、世界の人々と交流できるところが人気のようです。さらに、陸上部や柔道部にも女子が入部し、選手層が厚くなっています。

大学・美術館・博物館のある上野
地の利を生かした学びがある

学校案内表紙

 運輸科に入学した女子の中に、「JRの社員の方々が実際に使っている教科書を授業で使っており、先生方も鉄道業界経験者なので、授業がすごく盛り上がります」と声を弾ませる生徒がいました。そんな運輸科のみならず、普通科でも鉄道系や観光系の授業を受けることができるのは、同校ならではの特徴です。
来年度からは、普通科・運輸科を問わず鉄道実習にも参加でき、来年度から女子も実習に参加できます。実習を行うのはJR東日本、JR東海、東京メトロ、小田急電鉄、東武鉄道など、首都圏すべてと言っていいほどの広域です。

「鉄道実習は駅務の体験ができるとあって、女子の手もたくさん挙がっていました。駅は外国人も含めて多くの人と関わる場所です。例えば、上野駅は国際色豊かですし、舞浜駅などは切符が買えない外国人のお手伝いをする機会も多いです。すると、英語力やコミュニケーション力、地理や歴史などの幅広い知識が必要になります。ちなみに観光に特化した『観光英語検定』の取り組みも行っています」

 また、吹奏楽部や鉄道模型部は、『丸の内オアゾ』や『エキュート上野』のイベントに参加するなど、鉄道と縁の深い学校ならではのチャレンジを行っています。

 さらに、上野という地の利を生かした取り組みも行われています。その一つが、近隣の大学との連携です。

「東京藝術大学が徒歩圏内に位置することもあって、学生が来て吹奏楽部のパート練習を見てくれることがあります。一方、こちらも徒歩圏内にある東京大学の見学会も始まりました。また、上野恩賜公園も近いので、美術の授業で写生に行くことがあります。科学博物館と美術館の常設展は高校生が無料なので、放課後に見学する生徒も多いようです」

 さまざまなチャレンジをする新生・岩倉。歴史ある鉄道教育の財産を大切にしながら、その目は世界に向いています。

「今後の本校の柱の一つとなるものが、国際理解教育です。2年次に実施する修学旅行はマレーシアと九州の選択制です。交換留学生も、ブラジル・タイ・ベルギーなど、多彩な国から受け入れています。7年後の東京オリンピックでは、上野という場所にある本校が大きな役割を果たすと思います。また、長年培ってきた教育は、今後に生徒たちが志望するであろう幅広い分野に向けて、学ぶべきことが多いでしょう」

(この記事は2014年11月発行『私立高校進学なび No.2』に掲載しました。)

岩倉高等学校  

〒110-0005 東京都台東区上野7-8-8
TEL:03-3841-3086

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】自分の可能性を引き出す進路指導 夢の実現に向け就活も手厚くサポート
【行事】クラスの絆を強め高校時代の思い出を作る修学旅行
【修学旅行・研修旅行アルバム】ここで得た経験を将来に活かしたい!学ぶことで深まる沖縄修学旅行
【だから大好き♥私学Life】お互いの違いを認め合いながら刺激し合って成長できる 自主性を発揮し合う環境
【イチオシ!新コース誕生】部活動に打ち込みながら難関大学合格をめざす新コース 3年間文武両道で鍛え抜く
【人気クラブ集合!】ラクロス部/吹奏楽部/放送部
【人気クラブ集合!】放送部/吹奏楽部 共学化して3年目、女子を迎え入れ校内が活性化 仲間を大切にしながら明るく元気に活動中!
【独自の教育プログラム】昨年度より注目のプログラム「チャレンジ」がスタート!多彩な取り組みへの“挑戦”で生徒の成長を促す
【独自の教育プログラム】今年度より注目の独自プログラム『チャレンジS&6』がスタート! 多彩な取り組みへの〝挑戦〟で生徒の成長を促す
【独自の教育プログラム】2015年度、新プログラム『チャレンジS&6』がスタート!
【It's New ここが変わる!】世界に向けてチャレンジする新生『岩倉』共学校へと移行し、変貌する時代を生き抜く
【It's New ここが変わる!】女子には女子の“チャレンジ”がある
進学なび2014年ウェブ版 No.2
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ