Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

キャンパス見聞録
武蔵野大学高等学校

キャンパス見聞録

理科教育の拠点・実験室

生物実験室

同校の人気スポットを紹介してくれたのは、生徒会長の菊地紗希さんと副会長の水野満利子さん。2人とも総合コースの2年生です。
「私のおすすめは、生物の実験室です。武蔵野女子学院には『薬学理系コース』があって、理科教育に力を入れています。総合コース1年は生物が必修なので、この生物実験室を使っていました。水槽では観察用にカメやサカナが飼われています。窓からの眺めも良く、キャンパスを見渡すことができます」
『薬学理系コース』の生徒は、2年次にもこの生物実験室を使用。他にも化学や物理実験室があり、併設中学の実験室と合わせると全部で6教室あります。
『薬学理系コース』は難関大学の理系学部と薬学部をめざすコースで、同じ敷地内にある併設の武蔵野大学薬学部に優先的に入学できる制度が用意されています。今年、同大薬学部の薬剤師国家試験合格率は、首都圏の私立大学の中で1位となりました。
「私の将来の目標は、英語をもっともっと勉強して、グローバル社会で活躍することです」(菊地さん)
同校では来年から、1年間の長期留学を必修にした「国際交流コース」も誕生します。

春には桜、秋には紅葉

イチョウの並木道

副会長の水野さんが案内してくれたスポットは、イチョウの並木道です。
「広いキャンパス内にはたくさんの植物が育ち、春には桜、秋には紅葉を楽しめます。四季折々の自然を感じながら勉強に打ち込むことができるんです。この恵まれた自然環境に加えて、女子校としての魅力もあります。団結力があって、女の子同士お互いを理解しやすく、充実した学校生活を送ることができます。この学校で一生懸命に学び、大学では心理学や法律を専攻したいと思っています」(水野さん)

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

武蔵野大学高等学校  

〒202-8585 東京都西東京市新町1-1-20
TEL:042-468-3256

進学なび掲載情報

【インタビュー&メッセージ】合言葉はChallenge!2020年度より男子を迎え入れ多彩なコースで生徒の希望をかなえる
【授業・カリキュラム】世界基準の教育の場をめざす!
【インタビュー&メッセージ】ワクワク学ぶ!自ら学ぶ!7つのスペシャル講座
【グローバル】生徒のチャレンジ精神を刺激する新たなプログラム
【ワールドワイドに活躍する生徒を育てる】将来のビジョンを持ち高校3年間で一人ひとりの夢をかなえる教育を
【私学トップインタビュー】合言葉は『Challenge!』 校名変更、共学化を機に教育内容を刷新
【「学び」を楽しむアクティブ・ラーニング】「総合進学コース」の生徒たちが心を込めて お父さんに送る絵手紙と向き合った「特別講座」
【伝統行事・名物行事ガイド】参加者も観客もいっしょに盛り上がる全員参加型の体育祭を開催!
【It's New ここが変わる!】2017年、既存コースの進化形「文系創造」「理系医療」が新設 4つのコースの教育内容がさらに充実
【世界を意識する生徒を育てる】さまざまな留学先へ旅立つ「国際交流コース」
【イチオシ!新コース誕生】「選抜文系」と「国際交流」コース
【修学旅行・研修旅行アルバム】3週間の貴重な海外体験イベント「オーストラリア短期留学」
【人気のクラブ大集合】ソフトボール部/フォークソング部
【キャンパス見聞録】理科教育の拠点・実験室
進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ