LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

独自の教育プログラム
開智高等学校

開智の教育の基本は自らが考え、学び、創造する

開智の教育の基本は自らが考え、学び、創造する

 日本の学校では、知識や計算力は身につくものの、自分で考える力や考えを述べる力が育たないと言われています。
同校ではこうした教育の欠点を補い、自分の専門分野で、将来、世界に貢献できる人材を育成するため、約20年前から独自の教育を行っています。それは、教員からの一方通行の授業ではなく、生徒自らが考え、学び、創造する授業の実践です。
 同校には『S類』と『D類』の2類型が設置されていますが、どちらの類型も主体性や創造性を養うために、1年次から各自探究テーマを設定し、仮説を立てていきます。S類ではアメリカ研修のCI(コンテンポラリーイシューズ)、D類はアメリカや関西でのFW(フィールドワーク)が実施されますが、その実施までの1年半の間に研究を進め、現地での研修では仮説の検証を行い、論文にまとめていきます。

独習する環境を整え生徒の自主性をサポートする

 授業で学ぶべきポイントや必要な知識を身につけ、生徒自らによる主体的な独習も、同校が大切にする学習姿勢です。そのため、落ち着いた環境で独習ができるよう、校内の至るところに自習室が設置されています。平日は1・2年生が19時まで、3年生が21時まで利用できます。
 また、スプリングセミナーや夏休みの勉強合宿、宿泊学習棟を利用した合宿などを通して独習に向かうモチベーションを引き出し、生徒一人ひとりに合った独習のやり方が見つかるようにサポートしています。

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ