LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

高大連携教育への取り組み
富士見丘高等学校

SGHアソシエイト

イギリス姉妹校からの留学生とホストシスター

イギリス姉妹校からの留学生とホストシスター

2014年度SGHアソシエイトに選定

高大連携プログラム

慶應大学・伊香賀研究室におけるピアサポート

 同校は2014年にスーパーグローバルハイスクール(SGH)アソシエイトに選ばれました。SGHとは、将来、リーダーとして国際社会で活躍できる人材の育成を行っている高校のこと。文部科学省の呼びかけに応じ、選定されたのです。

高大連携で表現力と発信力を磨いて伸ばす

2014年度 高大連携を行っている大学・研究室
  • 慶應義塾大学理工学部・伊香賀研究室
  • 慶應義塾大学総合政策学部・井庭研究室
  • 上智大学文学部・北條研究室
  • 東京電機大学未来学部・百田研究室

 同校が2014年度から本格的に取り組んでいるものが、大学の研究室との連携です。大学教授・大学院生・大学生と共同研究を行い、その成果を発表することで、グローバルリーダーに不可欠な『表現力・発信力』を身につけようという試みです。
 一例を挙げると、慶應義塾大学理工学部の伊香賀研究室との共同研究。これは適度な運動を行ったほうが脳は活性化し、学習効率が上がることを証明するための研究で、さまざまな年齢の男女からデータをとって1年間をかけて実証していきます。大学側は女子高校生のデータが得られ、生徒たちにとっては大学で行った研究を論文にまとめて発表することで、大学での学びの一端に触れることができます。大学と高校の双方にメリットがある協同研究となるのです。その経験は進路を決定する際にきっと役立つことでしょう。
 ほかにも、東京電機大学との共同プログラム『建物の裏側をのぞいてみよう』や慶應義塾大学総合政策学部・井庭崇先生によるワークショップ『表現力を高める』なども行われています。

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ