LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

世界を意識する生徒を育てる
二松学舎大学附属柏高等学校

現地の高校生とも交流 国際性を育てる台湾修学旅行

台湾の高校生と身ぶり手ぶりも交えてコミュニケーションを図ります。

台湾の高校生と身ぶり手ぶりも交えてコミュニケーションを図ります。

台湾で高まる日本への関心

 二松學舍大学の創立者・三島中洲先生は、「東洋の精神を身につけてこそ、西洋の優れた文化を日本の社会に生かすことができる」という信念を持っていました。その心を受け継ぎ、同校では真の国際人を育成する取り組みとして、2012年度から台湾修学旅行を2年次の11月、3泊4日の日程で実施しています。
 修学旅行では観光地の見学だけでなく、現地の高校で台湾の生徒たちとも交流しました。「台湾の若者たちと接して驚かされるのは、日本への関心度です。歴史や伝統文化からアニメや芸能まで、幅広く興味を持って情報も熱心に集めています。本校の生徒たちが日本の人気アイドルグループに扮して披露した歌やダンスは、台湾の高校生たちから拍手喝采でした」(教頭・島田達彦先生)

修学旅行では「故宮博物院」をはじめとした名所・旧跡も見学します。

修学旅行では「故宮博物院」をはじめとした名所・旧跡も見学します。

英語の学習意欲も向上

 帰国後は、多くの生徒から「国際交流の楽しさと難しさを感じた」という感想が聞かれたとのこと。台湾の高校生と実際に話すことで英語力不足を痛感し、語学の学習意欲が向上した生徒もいるそうです。
「ふだん暮らし慣れた環境から飛び出すことは、自分自身の存在からして、日本と海外では違ったものになることを肌身で感じる貴重な機会となります。簡単な意思の伝達すら困難なときもあるでしょう。生徒たちにはそうした経験を、帰国後に自分を成長させるきっかけとして生かしてほしいですね」(島田先生)

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

二松学舎大学附属柏高等学校  

〒277-0902 千葉県柏市大井2590
TEL:04-7191-3179

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ