LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

It's New ここが変わる!
叡明高等学校

新校舎

大改革を敢行し"新しい学校"に進化!

 校地移転、新校舎建設、共学化(男子校より)、そして小松原から『叡明』への校名変更。同校は2015年、大改革に踏み切ります。
「既存の学校を変化させるのではなく、"新しい学校を創造する"という意気込みで準備を進めています」(広報部部長・市川浩先生)
 新校地は越谷レイクタウン駅から徒歩5分の好立地。広々としたエントランスからキャンパス内へ入ると、明るく開放的な空間が広がります。
 新校舎は4階建てで、14教室がまっすぐに並ぶ構造。また、パソコンと図書館を設置したメディアセンター、約500名が収容可能な多目的ホール、バスケットボールコート3面を内包したアリーナ、お昼の憩いの場・ランチデッキなど、付属の施設・設備もとても充実しています。

「自分が学校をつくる」そんな意気込みで入学を

 共学化は10年前から学内で検討されていました。それが今回ようやく実現し、2015年度から男子校であった同校に女子が入学してきます。
「そのため、校舎や施設を建設する際は、かなりの配慮をしました。とにかく明るくお洒落に、極端な表現が許されるなら『女子に向けてつくった』と言えるでしょうね(笑)」
 また、共学校での指導経験を持つ教員を新たに採用したり、教員を女子校や共学校に派遣して研修させるなど、新入生を迎えるために、教員側の態勢にも気を配ったと言います。その成果が実を結び、すでに女子を迎え入れる準備は万全です。
「多くの女子に注目してもらいたい。そして、男子にも女子にも、この新生・叡明を『自分がつくる!』という意欲を持って入学してほしいですね」

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ