Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

学校自慢の施設・設備
トキワ松学園高等学校

図書室

"学校の情報センター"としての役割も担う
公共図書館よりも役立つ図書室がココに!

蔵書数3万9000冊を数えるトキワ松学園高等学校の図書室。毎週行っている選書は、全教科の担当教員と、2名の専任司書教員が、書店から借りてきた本の現物を見ながら購入を決めています。
「基本的に図書室は"学校の情報センター"としての役割も担っていて、教科と図書室がしっかり連携を図ることで、生徒たちの学習能力の向上に努めています。自慢としては、実際に授業を行う教員が図書の購入を決めているので、本校の教育内容に最もふさわしい資料をそろえることができ、いくらでも活用できるところです。生徒たちからはよく"公共の図書館に行くよりも本が探しやすくて便利”と評価されています」
(司書教諭・小澤慶子先生)

本好きが集まる図書委員会の活躍で
より身近な存在の「みんなの図書室」

図書室の机の上には、図書委員会によるおすすめ本の紹介が置かれています。本のイメージが伝わるこの紹介を参考に、みんなが気軽に本を借りていきます。ちなみに、図書委員会は部活動とは別にある専門委員会の一つで、メンバーが季節ごとに発刊しているフリーペーパー『美登利みどり 』は、街の書店や図書館でも置かれ、愛読者がいるほど好評を博しています。
「教員の私たちが本を紹介するのは簡単なことですが、やはり生徒の目線で紹介した本ほど、生徒の中に入っていきやすいものです。友だちが自分たちの紹介した本を読み、本を好きになってくれた喜びが、図書委員会のモチベーションになっているようです」
生徒も運営に関わるからこそ図書室はより身近な存在に。明るい雰囲気の図書室には、いつも生徒たちの姿があります。

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ