LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

学校自慢の施設・設備
東洋女子高等学校

生物化学室

「楽しく学ぶ」校舎へとリニューアル
思考力と発想力を育てるイノベーション

カフェーム

2015年3月、東洋女子高等学校は全面リニューアルを行います。体育館は床を張り替えて冷暖房完備に、校庭も人工芝へと美しく生まれ変わります。教室には電子黒板が設置され、近い将来にタブレットも導入される予定です。そのため、校内全域に無線LANが設置されます。
また、近年の理系学部・学科への志望の高まりを受けて、理科室にも最新設備が導入されます。ご自身も数学好きで「中学時代、1年生で2年生の教科書、2年生で3年生の教科書を手に入れて、どんどん難しい問題を解いていた」という村上精一校長は次のように話します。
「女子が理科に苦手意識を持ちがちなのは、数学嫌いに原因があるのではないでしょうか。それはもったいないことです。自然科学分野は、現象を見て初めて感動し興味を持てる学問ですから、リニューアルにあたっては物理室を新設し、物理専任の教員も配置しました。昨年のセンター試験を物理で受験した生徒がいましたが、予想以上の高得点を得ていたようです」

理系や幼児・保育・初等教育系進学者の頼りになる学習環境へ

音楽室

物理室の新設で、校舎には「理科ストリート」とも呼べるような生物・化学室と物理室が整います。さらに、音楽室の1人1台で使用できる電子オルガンには、個人練習とアンサンブルができるミュージック・ラボラトリーシステムが導入されます。
これらリニューアルの目的はすべて"勉強が楽しいと思えるために"。将来的に社会で求められる思考力や発想力を養います。

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ