LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

人気クラブ大集合!
城西大学附属城西高等学校

陸上部

コミュニケーションを大切にしているので、先輩・後輩、男女を問わず、仲がいい陸上部

コミュニケーションを大切にしているので、先輩・後輩、男女を問わず、仲がいい陸上部

まずは意識改革をして、自分で考え工夫する練習へ

今年のインターハイ200mで2位になったハキームくんの力走

今年のインターハイ200mで2位になったハキームくんの力走

 今夏のインターハイで、サニブラウン・アブデル・ハキームくん(1年)が200mで第2位となったほか、4×100mで4位入賞、800mでも準決勝に進出するなど、目覚ましい成績をあげた陸上部。キャンパスは池袋に近接する場所にありますが、練習環境が制限されるなど都心の学校ならではの悩みもあるようです。しかし、陸上部顧問の山村貴彦先生は、「だからこそ練習の質を上げるところからスタートします。つまり、やらされる練習から自分でやる練習へ、自分で考え工夫する練習へと意識改革をするのです。部員50名はそれぞれ目標が違うので、インターハイや全国で優勝したい生徒はそのために自分が何をすればいいのか、自己記録を伸ばしたい生徒はどんな練習をすればいいのかを考え、自分で工夫させています。部員とのコミュニケーションを大切にして自主性を尊重。部員のほうから自分自身を向上させるための提案を促しています。私がアドバイスやヒントを与えるのはそれからです。部員が50名いれば50通りの練習メニューがありますから」

駅伝強化のために外部コーチを招聘

実井謙二郎さんを外部コーチに招き、男女とも駅伝強化に力を入れています

「2014年から外部コーチとして、アトランタオリンピックのマラソン代表・実井謙二郎さん(日清食品グループコーチ)を招いたのは長距離を強化するためです。これで男女ともかなり力をつけられると思うので、2015年の駅伝に注目していただきたいですね。
本校の陸上部に興味があれば、いつでも体験入部に参加してください。平日の放課後でも休日の活動日でも、いつでも歓迎します。学校に電話をいただいてもいいですし、陸上部のホームページから私宛にメールを送ることもできますよ」(山村先生)

陸上部顧問・山村貴彦先生プロフィール

高校時代から日本選手権などで活躍。2000年シドニーオリンピックに400m代表として出場。同年のスーパー陸上400mで日本学生新記録となる45秒03をマーク。2003年の世界選手権(パリ)では4×400mリレーで入賞。

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ