LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

独自の教育プログラム
芝浦工業大学柏高等学校

特進『GS(グローバル・サイエンス)クラス』

2015年度より発進する
期待の特進『GS(グローバル・サイエンス)クラス』

2014年春の難関大学(国公立・早慶上理・GMARCH)合格者の全体に占める割合が、過去最高の53・1%に到達した芝浦工業大学柏高等学校。そんな同校がさらなる飛躍をめざし、2015年度より発進させるのがグローバル・サイエンス(以下、GS)クラス。同校初の"特進クラス"となります。目標は『グローバルな視点・高い理数系の能力を有し、難関大学で高度な研究を行い、世界で活躍できる人材の育成』。定員は40~80名程度、メンバーは入試時の成績上位者の中から選抜されます。
「現在、本校の合格実績は上昇気運にあるものの、『最難関国立大の実績が伸び悩んでいる』という課題が存在します。このGSクラスには、そのレベルの進学をリードする存在になってもらいたいですね」(入試広報部長・手塚耕二先生)

文系・理系の高度な教育をふんだんに導入

グローバル系

1年次は共通カリキュラム、2年次以降はグローバル(文系)・サイエンス(理系)の2クラスに分かれ学習を進めていくGSクラス。
「グローバル系・サイエンス系、双方のハイレベルな取り組みを盛り込んだ教育を展開していきます。ですが、それらは決して新たな取り組みではありません。従来より本校が実践してきたものの中から効果を確信した取り組みを、内容を強化して導入していきます」
グローバル系では高度な英作文授業『アカデミック・ライティング』を1年次から導入(現在は3年次に実施)し、オーストラリア研修旅行を全員参加で実施します。サイエンス系では特別科学授業『芝浦サイエンスクラス』の内容を質・量ともに高めて実施します。
「つまり、現状の教育内容をより"進化・深化"させたものがGSの教育なのです」
GSの高度な教育を受けた生徒が受験に挑戦するのは2018年。この年、同校の最難関レベルの実績は爆発的にアップするはずです。

(この記事は2014年10月に掲載しました。)

芝浦工業大学柏高等学校  

〒277-0033 千葉県柏市増尾700
TEL:04-7174-3100

進学なび掲載情報

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ