LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立高校 進学なび

2014 ウェブ版

IT力を上げる
佐野日本大学高等学校

理科の実験

理科の実験。光学顕微鏡の映像を、グループの生徒全員が共有できます。

10月から待望のデジキャンをスタート!

Windows8.1搭載のタブレット

教職員にはプリントの作成など作業がしやすいようにWindows8.1を搭載したDell Venue11Proを。生徒には携帯性とバッテリ寿命、また、スマホのフリック入力に慣れていることを考慮し、一回り小型・軽量のDell Venue8Proを導入します。

佐野日本大学高等学校では、10月から1・2年生を対象にWindows8.1搭載のタブレットを配付し、キャンパスのデジタル化をスタートさせました。
同校には勉強と部活動の両立を目指す生徒が多く、今春も東京大学をはじめ国公立大学への合格者45名を輩出。早慶上智10名、GMARCH理科大40名、医歯薬系大38名(医9・歯11・薬18)など難関大学への進学者が多いことでも知られています。キャンパスのデジタル化(通称デジキャン)によって、教育環境のさらなる高度化をめざしています。

いつでもどこでも学べる環境づくり

地域の人気校である同校には、栃木県全域と隣接する他県から生徒が集まってくるため、通学に片道2時間以上をかける生徒もいます。そんな生徒から、タブレットの導入でいつでもどこでも満足のいく学習ができるようになると、期待と喜びの声があがっています。
また、部活動で全国大会に出場する生徒の中には、20日以上も学校に来られないという例もありましたが、これからは教科書や学習資料が電子化され、タブレットに収めることができます。ネットワーク環境さえあれば先生とのやり取りも可能になり、勉強も部活動も頑張りたいという真面目で優秀な生徒をグングン伸ばすことができるのです。
さらに、将来的には反転授業も視野に入れています。これは、生徒が先生の制作した学習映像を元に自宅で学習し、通常の授業ではそれをベースに高度な演習を行うという、これまでの流れとは逆の順番で行われる授業です。この全国に広がりつつあるスタイルに、同校はいち早く取り組もうとしています。

(この記事は2014年11月に掲載しました。)

進学なび2014年ウェブ版
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学なび一覧を見る
ページトップ