Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

中3受験生は夏休みが大切!

掲載日:2019年7月25日

高校受験は夏休み期間中の努力が鍵となります。特に英語は出題範囲も幅広く、学校によって求められるレベルも違いますので、夏休み中にこつこつと努力を積み重ね、対応力を磨いておく必要があります。

学習計画を立てよう!

夏休み期間中の努力が大切だと言っても、ただやみくもに机に向かって体力をすり減らすだけではそれこそ時間の無駄になってしまいます。とりわけ英語の場合は数学や理科と同じく、基礎からの積み重ねが大切になりますので、最初の段階であらかじめ綿密な学習計画を立てたうえでひとつひとつのステップを着実にこなしていく必要があります。学習計画を立てるうえで大切なのは、まず、自分自身のレベルを把握することです。現時点での得意、不得意を正確に把握しているからこそ「次に進むべきステップ」がわかり、必要な知識とスキルを積み重ねることができるのです。また、無理をしない、ということもポイントのひとつです。受験直前の夏休みというと、どうしても無謀なスケジュールを立てて知識を詰め込みがちですが、ある程度余裕を持ったスケジュールを自分で組み立てつつ、「疲れたらしっかり休む」つもりで長期戦に臨みましょう。

学習内容を見直そう!

中学最後の夏休みの段階で英語の習熟度が思うように上がらないようなら、それまでの学習スタイルが自分に合っていないのかもしれません。自分に合っていない学習スタイルを無理してつづけていても望ましい効果は得られませんので、夏休みをきっかけに一度学習態度そのものを見直すようにしましょう。英語学習には大きく、視覚型と聴覚型があります。単語を読み書きすることでひたすら脳内にしみこませていく視覚型に対し、読み書きではなくリスニングのように耳で聴くことで単語や熟語を覚えていく聴覚型があります。視覚型と聴覚型は決して、どちらが正しい、ということではありません。高校入試の英語においては、できるかぎり早い段階で自分の学習特性を見抜き、得意なスタイルで学習をつづけることがポイントです。

夏休みでも規則的な生活が重要!

夏休みになると、どうしても生活リズムが乱れがちになり、家庭学習の時間帯もばらばらになりがちです。夏休みでも塾に通っていれば塾のサイクルに合わせて自然と生活リズムがととのえられますし、塾に通っていない場合でも自分自身で時間割をつくることによってタイムスケジュールが崩れることを防ぐことができます。学校と同じように、朝から夕方までをいくつかの時間割で区切り、1時間目は英語、という風に自分自身で計画を立てることでメリハリがつき、なおかつ効率的な知識の積み重ねにつながります。

この記事に関しましては、下記サイトを参照し作成しております。

関連記事

ページトップ