LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

高校受験前に偏差値をもっと上げたい!

掲載日:2019年2月7日

偏差値を上げたいと、高校受験を意識し始めると誰もがそう考えることでしょう。しかし、それを前向きに実践しようとする人がどれくらいいるでしょうか。自分はこんなものだ、うちの子どもはこの程度だ、なんて諦めていませんか?偏差値が10上がると志望校の範囲はぐんと広がります。適切な勉強法を続けていけば、きっと自分が考えている実力よりも偏差値を上げることは可能です。

ノートを取るより良く見ることを重視

高校受験に向けて、真面目に勉強しているのになかなか思うような結果につながらないというケースで多いのが、ノートの取り方です。ノートをきれいに丁寧に取ることは、確かに素晴らしいことです。ただそれがかえって勉強の効率を悪くさせている場合があるということも知っておいてくださいね。ノートを取るのに時間がかかり過ぎていたり、美しく仕上げたこと自体に満足してしまったりということはありませんか?結局教科書のまとめ直しになってしまっては意味がありません。書いて覚えるよりも、目で見て覚える方が記憶に定着しやすい場合もあります。たとえば、重要語句集や暗記事項をただ箇条書きにしたノートをとにかく見続けるといった方法も試してみてください。

問題集の使い方

高校受験に意欲的な保護者や子どもであればあるほど、色々な参考書や問題集に手を出してしまいがちです。より良いものを、と買い求めてしまう気持ちも分かります。ですが、着実に学び偏差値を上げていくためには、何度も同じ問題集を徹底的に解いて基礎固めをしておくことの方が大切です。間違いゼロを目指して、一度徹底的に取り組んでみてください。書店に行けば魅力的な問題集がたくさん並んでいて悩んでしまうということもあるでしょう。まずは基礎的な問題集で評判の良いものを1冊手に取って、完ぺきにこなせるまで何度でもくり返しましょう。そのうえで、様々な応用問題を解いていくようにすると、きっと以前よりスラスラ解けるようになっているはずです。

勉強を継続的に続けていくために

最も難しいのが、高校受験に向けて勉強を継続していくということです。偏差値を効率良く上げたいならば、1日に解く問題数を決めてしまってとにかく続けることです。無理な数を設定してしまうと途中で嫌になってしまうので、要注意です。学習計画については、保護者と子どもとが一緒に考えてみても良いでしょう。特に勉強に苦手意識を持っている子どもに関しては、少し易しめの問題集から始めてみましょう。難易度が低くて意味があるのかと思われるかもしれませんが、まずは1日10分でもとにかく毎日勉強を継続していくことが大切です。3週間も続けると、机に向かう習慣が自然と身につくものなので、簡単に解けるものを無理なく解いていくことが最初は重要になってきます。

関連記事

ページトップ