LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

高校受験の面接を成功させるポイントとは?

掲載日:2018年10月11日

多くの方にとって、人生ではじめての受験でもある高校受験。志望校によっては、筆記試験だけではなく、面接、実技、作文などと言った試験方法がある場合もあるかと思います。高校受験を成功させるために、面接でおさえておきたいポイントについて、確認していってみましょう。

身だしなみは最低限のマナー

まず、面接のポイントを語る上で、基本となるのは身だしなみです。とは言っても、印象を良くするために、過度に見だしなみにこだわるのではなく、あくまでも自然体を心がけることも大切です。清潔感のある髪型を心がける、余計なシワや汚れのない正装であること、また、学生らしくシンプルな靴やカバンで面接に臨むなど、誰もが考えつくような基本的なことについて気をつけるだけで十分です。志望校の校風や教育方針にもよりますが、ピアスや染髪などが認められている高校は、日本ではとても少ないのが現状です。そして、事前にあわてて直すだけでは、やはり面接官に見抜かれてしまう場合もありますので、事前にしっかりと考えて準備にあたりたいですね。

中学でやった事や高校でやりたい事を聞かれたら

高校受験の場合、面接でよく聞かれるのが、中学生活中に達成したこと、また、友人関係の話、スポーツや趣味での取り組みなどではないかと思います。また、これからの高校生活での目標や希望などについても聞かれる機会が多いかと思います。気をつけていただきたいのは、面接で好印象を狙おうと、事実に脚色をすることや、付け焼き刃の模範的な回答をしないようにすること。「正しい回答」をすることを考えすぎずに、自分の考えをしっかり自分の言葉で表現することが大切です。同じ内容の回答でも、言い回しや声のトーンでも印象はがらりと変わります。自分らしい等身大の回答ができるように心がけることも、時には大切ということを忘れないでくださいね。

質問は要点をまとめて簡潔に

面接官である先生方は、面接中に緊張してしどろもどろになってしまう生徒や、的を射ない受け答えをしてしまう生徒を多く見てきています。だからこそ、面接では、完璧を目指して必要以上に気負ってしまうのではなく、少しくらいのミスは愛嬌という気持ちを持って、面接に臨んでみてください。きっと自信に満ち溢れた自然な受け答えができるようになるはずです。また、面接官に質問を投げかける際は、長々とせず簡潔な質問であることを心がけ、会話のキャッチボールがしっかりとできるように心がけましょう。自分を上手にアピールすることも大切ですが、面接で何よりも大切なのは、人と人とのコミュニケーション。面接マニュアルにこだわりすぎずに、自分らしい面接ができるように、心の準備をしておきたいですね。

関連記事

ページトップ